Home » ミャンマー » ミャンマー国防大臣より「日本軍はミャンマー国軍の生みの親です」
9月
13

ゼロファイターの井本勝幸さんが先日、遺骨収集の件で丸山特命全権大使と共に国防大臣に会見し、国軍基地内の日本兵埋葬地の遺骨試掘 の了解を頂いた。

 

その会見の席で国防大臣より「日本軍はミャンマー国軍の生みの親です」とのお言葉を頂いたそうです。

 

日本国内では大東亜戦争に対して色々な意見も有るが、ビルマがイギリスから独立のキッカケ作りに貢献したのが日本軍の南機関です。

 

ミャンマー軍の歴史は、

 

19411216に、アウンサンと同志たちは南機関の支援(資金・教育訓練・武器・人材)を得てバンコクでビルマ独立義勇軍創設 に始まる。

 

19427月ビルマからイギリス軍を駆逐することに成功し、ビルマ独立義勇軍をビルマ防衛軍に改組した 

 

1943年3月にはアウンサンは日本に招かれ、わずか28歳の若きリーダーと称えられ旭日章を受章

 

1945年3月27日アウンサンが指揮するビルマ国民軍は日本及びその指導下にあるビルマ国政府に対してクーデターを起こし、イギリス側に寝返り 連合軍に呼応した抗日運動が開始され。

 

19455月、アウンサンは連合国軍のルイス・マウントバッテン司令官と会談し、ビルマ防衛軍がビルマ愛国軍(Patriot Burmese ForcesPBF)と改称した上で、連合国軍の指揮下に入ることで合意。

 

1948年1月4日ビルマ独立 し、ビルマ国軍Tatmadaw )となる。

 

国軍記念日は抗日戦が開始され3月27日である。

 

軍の組織や軍歌は旧日本軍を受け継いでいる所も見受けられる。

 

ミャンマー国軍概要

 

最高司令官:ミン・アウン・フライン上級大将

 

国防大臣:ウェル・ルイン中将

 

軍制:陸・海・空三軍

 

現総人員406,000

 

徴兵制度:なし

 

軍事費:4,000億円(2018年推定)

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

国軍記念日のパレード

Add reply