Home » ミャンマー » ミャンマー着々と進む電力増強計画だが
9月
12

 

電気エネルギー省は、先週、Shan州北部のMoemeik町の近くにあるShweli川のShweli-3水力発電プロジェクトの進捗を報告した

 

この報告はは、MOEEとフランスのÉlectricitéde France SAEDF)、Marubeni Corporation、およびMyanmar Ayeyar Hinthar Companyの関係者との間で締結されました。

 

Shweli-3は約671メガワットの電力を生産する、また。Shweli-1 600メガワットShweli-2 520メガワットの将来計画も有る。

 

日本の関西電力もマイイットンジ川ディードック町で出力は56メガワットの発電所を2022年に完成させる。

 

また、4つのガス発電所は、

 

Kan Paukプロジェクトは1,230メガワット、(液化天然ガス)

 

Mee Laung Kyaingプロジェクト、1,390メガワット、(液化天然ガス)

 

Ahloneプロジェクト、356メガワット、(天然ガス)

 

Kyaukphyuプロジェクト、135メガワット、(天然ガス)

 

シーメンスAG、シーフー&シュプリーム社、TTCLパブリック社、シノフロロ&シュプリーム社が、プロジェクトの契約をした。

 

合計5228メガワットだが完成年度は未確定だが早いプロジェクトでも3~4年後、水力は5~6年先になる。

 

天然ガス発電は天然ガスは足りるのだろうか心配です。

 

また、其々のプロジェクトが中止にならない事を願う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

2 Responses to “ミャンマー着々と進む電力増強計画だが”

  1. 中西 修
    9月 13th, 2018 at 15:04 | #1

    >天然ガス発電が多いのだが天然ガスは足りるのだろうか心配です。

    燃料は、液化天然ガスで外国からの輸入ではないでしょうか。

    ミャンマーは天然ガスを輸出し、液化天然ガスを外国から輸入します。

    なんかおかしいですね。

    • 9月 13th, 2018 at 17:46 | #2

      記事が少し間違えていました。
      Ahloneプロジェクト、356メガワット、
      Kyaukphyuプロジェクト、135メガワット
      が天然ガスで
      Kan Paukプロジェクトは1,230メガワット、
      Mee Laung Kyaingプロジェクト、1,390メガワット、
      液化天然ガスです。

      マンダレーでも天然ガス発電所が契約できたとの話も有りますが
      仰せの通り天然ガスを輸出して、液化天然ガスを輸入するおかしな現象ですが、
      天然ガスのミャンマーの取り分が契約上少ない事と、生産量が減少していることだと思います。
      いずれにしてもチグハグな電力計画ですがやっと目鼻が付いた感じですが、電気料の値上げが出来ないので(やらない)外国企業が本当に投資するかは疑問が残ります。

Add reply