Home » ミャンマー » 深刻なデルタ地帯の侵食
9月
14

エヤワデー地方の河岸侵食は、この地域の自然災害管理センターによると、今年は昨年の4倍になり、前年よりも悪化しています。

 

201617年度に57件の河岸侵食が記録され、2017年から18年には266件に増加したと同センターの代表は述べた。

 

 

河岸浸食は耕作地の消失だけではなく最近は家屋や仏塔まで崩壊している。

 

河岸浸食により最も大きく被害が現れるのが洪水である。

 

浸食された土砂が下流に堆積して河床を上げる、すると河岸浸食も発生する悪循環になる。

 

この悪循環を断ち切るためには護岸構築しなければならないが、ミャンマーの河川の長さと財政規模を考えると、日本の様にコンクリートを使用するだけの予算を確保できない。

 

本来はその河川事情に合った水制工が昔からの技術として構築していなければならないが、

 

残念ながらミャンマーにはその様な技術の構築は無い。

 

ミャンマーに適していると思われる工法は粗朶工法(連柴柵工 粗朶柵 粗朶沈床 等)で材料は全て現地産で地元民で施工でき安価である、コンクリート護岸の1/10程度で出来ることも有る。

 

いずれにしても早急に河岸浸食対策をしなければ人災洪水を発生させるのは目に見えている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

河岸sン触により倒れた仏塔

,

Add reply