Home » ミャンマー » 生活は苦しい縫製工場の女工さん
9月
26

今年から最低賃金が4800ks/日に値上げされたが、

 

物価の値上げに追い着かない給与の値上げに女工さんたちは、働けど働けど我が暮らしらくにならざるの状況です。

 

秘書の友人は縫製工場で10年以上働くベテラン、額面給与は残業代込みでおよそ30万ks。

 

しかしこれほど稼ぎのある人は少なく十数万ks程度の人が多いと聞く。

 

生活費は家賃3.5万ks、食事8万ks、携帯電話(ローン支払いも含む)1.5万ks、小遣い1万ks、

 

仕送り23万ks、仕送りが多い人は食事代を減らすそうです。

 

仕送りが出来る人はまだ良い方で、残業が少ない工場では仕送りどころか食事代を減らさなければならない。

 

しかし、借りているアパートに自炊設備が無く殆ど外食だが、昨今のインフレで食事代が30%以上値上がりしているので生活は苦しくなる一方うだそうです。

 

縫製工場は賃金の安い国に移動して操業を続けている会社が多いそうだが、女工さんが最低限の食事ができる給与は支払うべきだろう。

 

女工さんから見ると、メイドさんは気楽で住付3食おやつ食べ放題で純労働時間も6時間程度で月10万ksなら仕送りや貯金もできる。

 

しかしメイドさんの成り手は少ない。何故だろうか?

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

Add reply