Archive

Archive for 9月 21st, 2018

9月
21

介護実習生制度が日緬両国の法整備が整いいよいよスタートする。

 

実習生制度自体に問題ありと思っている小生の危惧は大きくなるばかりです。

 

実習生制度の主旨は「発展途上国の労働者が来日して技能を磨き祖国に帰り、祖国の発展に寄与する」と主旨は高尚で反対の余地はない。

 

しかし、現実は全く違い人手不足の解消に安い労働力として使われている。

 

採用条件に同様な(介護士)仕事をしている証明が必要だが、ミャンマーに何千何万人も働く介護施設は無く、帰ってからもその技能を発揮する場所は少ない現実を日本政府はどの様に受け止めているのだろうか。

 

職業証明書は偽造されることが多いと聞く。

 

介護人材は特に注意が必要で少しでも適正に外れた人を採用すれば、日本に行って直に逃亡することになる。

 

 

ミャンマー人で日本で10年以上介護師をしているベテランの話ですと、

 

介護師に向いている人材の適性は下記との事です。

 

それによると、下の世話を何の躊躇なく出来るか、院内の老人臭に耐えれれるか、指導者や入所者と適切なコミニケーションがとれるか等である。

 

私感だがミャンマー人の普通の家に育った子は下の世話を極端に嫌がる人が多い事だ。

 

我が家にメイドに来てくれた人たちが百合ちゃんのおしめを洗うのを極端に嫌ったことを思い出す。

いずれにしても日本に行ったミャンマー人が介護に適性が無く仕事を止め逃亡しない事を願う。

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,