Archive

Archive for 10月 31st, 2018

10月
31

ミンアウンライン国軍総司令官は10月29日朝、ココ島を訪れの住民や省庁職員と懇談した。

 

海軍基地会議場で、基地司令官から地域情報、地域防衛活動の実施状況、ココ島開発の進捗状況等の説明を受けた。

 

ここで総司令官は災害発生時には海軍の航空機、機器等で十分に支援できる様普段から準備を怠らない様指示した。

 

また住民集会では『地域開発のためには、地域の製品を生産する必要があり、製品は良質でなければならない。雇用機会を創出する目的で、地域軍はココナッツ製品の生産と輸送を支援する』と述べた。

 

ココ諸島はインド領ニコバル諸島からは50kmの位置にある

 

ココ島はアンダマン海とインド洋の境にあり、ミャンマー・ダウエーから400km東方、エヤワディ管区のラポタから130km南方に位置する。

 

 大ココ島は東西0.5km南北3kmの大きさで、ここには2012年に完成した飛行場(2000m程度)がある。

 

小さな島だがマラッカ海峡の出入り口に位置し地政学的には価値のある場所であり、また200海里の経済水域も今後の漁場資源としても重要な島です。

 

この様に重要な地域への政府高官の視察は価値がある。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

ココ島の飛行場

 

住民との懇談会