Home » ミャンマー » ミャンマーの高速道路で試験施工
12月
01

山口県の㈱ミカド交設が発案した道路反射鋲は既存の製品より性能は少し落ちるが価格が1/10なので資金不足に悩むミャンマーでは最適な商品。

 

この製品はミャンマー向けに4年の歳月をかけ開発した商品で既にヤンゴン市内で6か所の試験施工を実施している。

 

路面に少しでも滞水すると夜は全く見えない区画線、運転手は何処を走ってよいか手探り状態。

 

この様な道路が標準的な道路を見てミャンマーの交通安全確保のため何か出来ないかと思い、

この製品が開発された。

 

そして先日ヤンゴン~マンダレー高速道路5kmに試験施工を行った。

 

高速道路工事は交通規制からシッカリと行い、見学に来ていた建設省の役人も「むぅ~」と言いながら満足気でした。

 

施行スピードが毎分20mと早く、移動規制になるので300mの規制を常時移動しながらの規制はおそらくミャンマーでは初めての事だと思う。

 

20人の作業員がそれぞれの分担を確実に行い毎分20mの施工速度になるので、1人でも落脱者が無いよう、手抜きが無いよう現地のマネージャーが見守る。

 

何はともあれ1日半の工事が無事終了してホッとした。

動画

https://youtu.be/WNdWr17xN_Q

https://youtu.be/3L9cI7w8QKo

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

Add reply