Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

10月
15

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

投資会社管理局(DICA)およびヤンゴンのビジネスセンター(MCRB)は、今年、「職場でのミャンマー文化の尊重」ガイドブックを立ち上げました。

これには、外国人がミャンマー文化を理解するのに役立るためです。

以下要約しました。

.敬称 

男:年配者、地位が高い人「U」若い人「Ko

:年配者、地位が高い人「Daw」若い人「Ma

名前を知らない人で高い教育を受けた人を尊敬する時、「Saya」(男)、「sayama」(女) Sayaの意味は先生

.挨拶 

例:「ミンガラバー」(こんにちは)。‘Kye-zu tin-ba-deh’(ありがとう)

‘Ne-kaun-la’(お元気ですか?)「ネ・カウン・バ・デ」(元気です)

3.確認 

メッセージが理解されていることを確認します。ミャンマーの人々は分らないとは言えなので、

例えば「どうやってこれをするつもりですか?」 と聞き確認する。

4.挨拶 

一般人には両手を胸の前で合わせて挨拶しない。この方法は僧侶に対して行う。

5.握手 

抱擁やキスはダメ、女性との握手は相手が手を出したらOK,出さんかったら笑顔とうなずきで十分です。

6.接触 

人の頭は神聖と見なされます。誰かの頭、頬、髪に触れないでください。

また、頭の上に物を置かないでください。

7.行動 

座っている先輩の前を歩くときは少し頭を下げてください。

8.謝罪 

誰かにぶつかったり、後ろに手を伸ばす場合は、「ga-daw」(「すみません」)

または「ga-daw naw」(もっとカジュアル)と言います 。

9.行動 

足は汚れていると見なされるため、足で物を指したり触れたりしないでください。 

10.行動 

他人に物を手渡す時は慎重に(左手で右手を支えて、または両手で)渡す。

11.行動 

足は水をかけて洗い、バケットなどの容器に足を入れないでください。

12.行動 

聞いている時に腕を組むことがあります。これは相手に敬意を表しています。

13.行動 

品物、特に本や新聞、雑誌などの他の印刷物を踏み越えないようにしてください。

14.服装. 

ミャンマーはまだ服装規定が保守的な社会です、特に女性のスカートの長さに関してや、宗教的な建物では、膝と肩を覆う必要があります。

15.行動 

部屋に入る前に靴を脱ぐ必要があるかどうかを確認します。宗教的な建物に入るときにそうするのが習慣です。一部の人々は、ステージに上がるるときにもしす。

16.化粧 

女性のタナカは、製品を汚すリスクがあるため使用禁止の場合、事前に通知する必要があります。

      

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

12)行動


3〉確認

10月
14

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

タディンジュ満月でミャンマーは5連休

 

この時期色々な行事があるが、迎え火の様にロウソクを沢山立てて灯をともす。

 

ロウソクの代わりに超小型のLEDライトも売っている。

 

我が家でもロウソクより危なくないので買い求めた。

 

家の前の花壇廻りなどに配置してともす。

 

おじさん:このままにして家の中に入ろうよ

百合ちゃん:ダメ誰かにとられる

おじさん:ミャンマーの人に悪い人はいないよ

百合ちゃん:ミャンマ人も10人に1人くらい悪い人はいるよ、悪い事をした人はお坊さんにお布施をして許してもらう。

 

9歳の子供がここまで言うか、先行きが心配です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

10月
13

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

10月初旬、ミャンマーとタイは東南アジア最大の工業団地であるダウェイ経済特区(SEZ)の実施を推進するための9点合意を発表しました。

 

ネピドーでの二国間閣僚会議の後、同時にプロジェクトの初期段階と最終段階のダウェイSEZでの建設を再確認する声明が出されました。

 

タイ国境からダウエーまでの道路建設はタイからの借款で(45億バーツ)工事を進める予定。

 

初期段階で1000億円の資金が必要だがこの出資を誰がどの程度出すのかまだ決まっていない。

 

日本政府自体もそれほで積極的ではないが、資金不足に付け込んで中国が出てくるのが心配だ。

 

開発の主体はDawei SEZ Development Company Limited(日本も加入)であるが、なにしろ開発資金が集らず、結局は日本頼みの様相。

 

このプロジェクト何となく胡散臭い、2008年にタイのイタリア・タイ開発PCLITD)が主契約者で開発許可をミャンマー政府から受けたが、資金不足で2013年権利を取り上げられた。

 

しかし2015年にITDが入ったDawei SEZ Development Company Limited発足した。

 

一度ダメの烙印を押された会社が再度参入とは?

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

10月
12

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

スズキミャンマーの浅野敬一社長は「2019年の生産量を昨年の25%増の15000台とする」と語った。

 

2018年には、ミャンマーで18000台を超える新車が販売されました。これは、2017年の2.1倍です。2018年新車販売の23がスズキの車であった。

 

ミャンマースズキの売れ筋車は約2700万ksの価格のErtigaです。CiazGLX、およびGLを含む他のモデルの価格は、登録料および税抜きで2,000万〈140万円)〜2,700万ks〈193万円)です。

 

自動車登録税の値下げや不労所得の課税が30%から3%への変更等車業界にとっては追い風です。

 

最近は長期自動車ローンも現れ一定収入のある人は新車購入も可能ななってきた。

 

トヨタ、日産、そして欧米、韓国勢も手をこまねいているわけではなく、2019年度のミャンマーの自動車販売は目が離せない。

 

と言いつつも、ミャンマーでの製造実績が長いスズキの優勢は変わらないのではなかろうか。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

10月
11

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

JICAの無償援助で国営放送のMRTVに最新式の放送機器の設置が完了した。

 

この資金も日本国民の税金なので考えさせれれる。

 

何故なら、国営放送と言いながらコマーシャルを流し資金を得ている。

 

民放が4局あり国営放送に支援する必要があるのだろうか。

 

JICAの無償資金援助は案件によっては日本企業の支援と思われる案件や、国連の下部組織支援的支出も多々見受けれれる。

 

すなわち日本企業利権や人権利権・人道利権・環境利権等々欧州や中国が運営を牛耳ている組織への支出だ。

 

今の国連は只の金喰い虫で世界の為何の役割も果していないと思う。

 

1兆円もの資金を使うODAも今こそ再考の必要があるのではなかろうか。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

10月
10

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ヤンゴン市長のU Maung Maung Soeは、区長のために80台の車両を購入する計画を擁護し、新しい車は公務に不可欠であると述べた。

 

20186月、ヤンゴン地方政府は、省庁向けに10億チャットで10台のフォード車を購入する予算も要求しました。この要求は最終決定のために連邦議会で昨年9月に拒否されました。

 

どうしヤンゴン政府は車ばかり欲しがるのだろうか?

 

海外から何百億円の援助を受けながら、自分たちの得た税金は議員の為に使うのでは、市民からも海外からも賛同は得られないだろう。

 

どうしても移動手段が必要ならば区長専用車ではなくタウンシップに2台程度の共有車をレンタルすれば良い。

 

穿った見方をすればこれは2020年の選挙対策で群長に選挙を応援してもらいたいNLDの群長に対してのボーナスではなかろうか。5年も経てば持ち主はうやむやになり個人名義に変わっているかもしれない。

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

10月
09

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

昨日、パン作りを忘れた。

 

パン作りは小生の担当なので誰にも文句は言えないのだが・・・

 

故にの朝食は手元に有った焼き芋にする。

 

この焼き芋ネットリ系で甘みも有り、意外や意外コーヒーに合うのだ。新発見!!

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

今朝の朝食

10月
09

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

ムセのミャンマーと中国の国境ゲート付近のフルーツ市場で、シャン西瓜がミャンマーのメロンよりも高い価格で取引されています。

 

シャン西瓜は1トン当たり2000元(約3万円)で取引され、ミャンマー南部でとれるミャンマー西瓜より2割以上高い。

 

シャン西瓜は降雨量が少ない高原で1日の寒暖の差が大きい場所で栽培されているので、中国の輸入基準以上の品質を保持している。

 

また、栽培地域はムセにも近く運送時間も掛からず、輸送時の品質低下も少ない利点もある。

 

昨年9月は中国の需要が低く西瓜問屋は店を閉めたが、今年10月に入り買いに入った。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

10月
08

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

Global Firepowerが発表した世界の軍事力ランキングで日本はフランスに次いで第6位。

 

1位は当然アメリカ、2位ロシア、3位中国、4位インド、5位フランス。

 

2位と3位が共産党独裁国と元共産党国で友好的ではない日本の近隣国で日本の領土を窺っている。

 

日本の一人当たりの国防負担金額はイギリス、韓国の半額と先進国としては非常に少ないので500ドル程度まで増額すべきだろう。

 

年ごとに増大する中国の脅威、先般の国慶節軍事パレードではDF-17など迎撃不可能と思われるミサイルまで展示された。

 

中国の戦力増強はここ数年技術的進歩が加速して、習近平はアメリカと対峙できると思っていて、

 

核を持たない日本の軍事力は眼中になく、接続水域ではやりたい放題だ。

 

自分の家に例えて考えてみれば、立派家を作っても、柵は粗末で鍵も無いドアー

がいくつも有る状態では泥棒に入ってくださいと言うようなものだ。

 

これは国も同様で予防(国防)を強化するのは当然の行為。

 

日本もNATOの核シャアリングに加盟を検討した方が良いのではと思う。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




中国のDF-41
射程約1万2000〜1万5000キロと推定され、世界で最も航続距離の長いミサイルといわれている。しかも、マッハ25の極超音速で最大10発の核弾頭を運ぶことができる。戦略国際問題研究所(CSIS)によると、発射から約30分でアメリカ本土に到達するという。