Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

2月
14

甥の結婚式で親族としてお客様に御挨拶に回ていると、どこにお住まいですかとの質問に.ミャンマーに住んでいますと答えたら、話が大いに盛り上がりました。特に小生主宰の育英会に興味を持たれました。

この客様は地域のロータリークラブの会長とのことで、当会は海外の支援も可能なのでミャンマーの話を是非会員に伝えたいので、その場で例会時に講演を依頼されました。

外交辞令かと思っていましたが帰り際に確認され、甥にはもう一度確認するようにとの連絡が入りました。

今度、帰国の折には講演でミャンマーの現実を伝えたいと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br />
<a href=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

2月
08

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

実家に帰り長兄のお見舞いと恒例のミニ同窓会。今回は新幹線を利用せず往復とも在来線を利用した。

行きは中央線三鷹駅から東海道線,御殿場線の裾野駅。帰りは御殿場線裾野駅から松田まで、小田急線に乗り換え新宿までそして中央線で三鷹駅まで。行きは2時間に20分、帰りは2時間50分でした。

東海道線の早川から根府川あたりの海岸線は絶景だ,御殿場から山北間は渓谷が素晴らしい景色を見せてくれる。御殿場線の1時間は景色に見とれあっという間に松田駅に着いた。新松田から新宿までは居眠りをしている間に着いた。

D51
車窓から見る国道246号線

2月
07

憲法改正委員会を設置したミャンマー国会。

2008年憲法を何が何でも改正したいNLD政権。

しかし、国会議員の3/4の賛成が必要なのでハードルは高い。

日本の様に2/3ならば超えられなくもない。

現状は

NLD:59

軍人議員:25%

各民族党:11%

USDP:5%

2/3でも民族政党の半数が反対すれば憲法改正は成立しない。

ミンアウンラインミャンマー軍最高司令官は、31日マンダレー地方での軍事演習軍で、憲法を改正しないと言ったことは一度もないと主張した。

[憲法]を改正することにすでに同意していますと、彼は言っています。

憲法は必要に応じて体系的に修正されるべきだとも付け加えた。

日本の様になんでも反対ではないのが素晴らしい。

日本の野党も見習いなさい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

2月
06

2230kmの海岸線を持つミャンマーに沿岸警備隊が未だに存在しない。

10数年前軍関係者との話を思い出す。

ミャンマーの海は中国とタイの漁船に荒らされ資源が枯渇してしまうと嘆いていた。

違法漁船を捕まえるにも新鋭の警備艇(警察所属)もなく、足の遅い警備艇で追跡しても強力なエンジンを積んだ漁船は簡単に逃げてゆく。

そんな話があっても財政難で未だに沿岸警備隊が無い。

最近のニュースでは沿岸警備隊の設置は政府内でコンセンサスが取れているが、所管官庁をどこにするのかで議論されている様です。

インド洋やベンガル湾を沿岸に持つミャンマーの沿岸警備隊創設に日本は支援したらどうだろうか。

中古警備艇・哨戒機の贈与と運用をパッケージで支援したらどうだろうか、

中国化が進む中、沿岸警備隊を日本側に引き込んでおくことは日本の国益に叶うのではなかろうか。

外務省・大使館・国会議員は真剣に考えてほしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

2月
05

 

1月29日カヤー州ロイコーに地元が建立に反対しているにもかかわらず、

アウンサン将軍象が地元の公園に荷卸しされた。

地元の権利活動家Myo Hlaing Winは、7月に州の首相が州民の承認なしには建てないという約束を政府が破ったことで、多くの住民が将軍象が届くのを見て驚いたと述べた。

NLDのLoikaw事務局長U Taung Htayは、地元の党員たちは彫像の建造には関与していないと述べた。

州の当局者は、水曜日にThe Irrawaddy紙から連絡を受けたとき、彼らはこの問題についてコメントする事を控えると述べた。

カヤー族の多くがアウンサン将軍象の建立に反対しているのに、どうして民族紛争の種を播くのだろうか、

このプロジェクトを主導しているのはNLD党員であることは7月の騒動で分かっている。

一方で少数民族武装勢力の和解に奔走しているアウンサンスーチー国家顧問の立場はどうなるのだ、

将軍像建立推進派は贔屓の引き倒しであることが、分かっていない、アウンサンスーチー女史にゴマすり派だ。

なお、130日には建立反対デモで20人の逮捕者を出している。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

2月
04

昨日早朝成田に到着。寒いと分かっていたがやはり寒い。

今回は長兄のお見舞いと、甥の結婚式出席のため、通常帰国の4月を早めて寒い時期の帰国になりました。

12月、1月、2月の寒い時期は日本に帰らないと決めて、

冬物は大方処分して半コート程度しか持ち合わせない、さあ~どうしょう。

この3か月間は日本は寒いがミャンマーは一番すごし易い季節なのでミャンマーに居たいのです。

今回はインフルエンザも流行っていることだし出来るだけ外出は控え家に閉じこもろうと思うが、

なかなか思う様にはゆきそうにない。

久々の帰国なのでやりたいことは次々に出てくるのは毎回のことです。

ところで携帯電話をミャンマーに忘れて来る大失態。予定表などが入ってるんだが、どうしよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br />
<a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

2月
03
 

先日来緬の北川氏に沢山(1kg)の春菊の種を頂いた。

 

早速付近の農家2人に分けた。

 

分けたと言ってもコップ1杯分ずつ。これでも上手く育てれば十分何百株になる。

 

沢山与えると無駄にするので、少しづつ分けるのだ。

 

自分もほんの少しプランターに播き、芽が出て4日目に、カンナが咲き終わった花壇に70株ほど移植した。

 

通常の栽培では移植しないで間引きで株間隔を揃えるようですが、種の節約の為、試してみた。

 

過去の経験からすると早いものは3週間くらいで収穫できるので、ミャンマーに戻る2月23日頃には食べられるだろう。

 

日本種は柔らかく香りも良いので市場へ出すとすぐ売り切れる。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




移植した春菊

2月
02

 

DACグループの資金でタンルインヤダナー尼僧院食料支援を2月1日開始しました。

計画では1週間に120万ks相当の食材の支援をする。

基本的には栄養バランスを考慮した食材を提供し子供たちの健康を維持する。

1回は干し小魚32kg、豆48kg、タマネギ45kgを、バイナウンの問屋街で買い求めました。

干し小魚は100人の子どもが1ヶ月毎日11g(67匹)食べられる量です。

豆は肉の代わりの蛋白源として100人の子どもが半月間毎日32g食べられる量です。

僧院長には再度、栄養補給に重点を置く当方の意向を伝え了解を得ました。

子供たちが健康で元気に育ってくれれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

豆、玉ねぎ、干し小魚

2月
01

 

現場で瀬取は行われていなかったが、それ以上に恐ろしい事が・・・

現場は日本のEEZ内大和碓と言われる付近と推測される。

『昨年8月北朝鮮では金正恩総書記の暗殺計画が有り、事前に発覚し金正恩総書記は難は逃れたが、犯人は泳がせ3か月後に7~80人が逮捕され3~4名は死刑になった。

この捜査から逃れた人たちが船で日本に向かい、韓国海警隊や韓国軍がそれを追って日本のEEZ内まで入り込んでの逮捕劇。

これは絶対日本に見られたくないのでレーダー照射で哨戒機を追い払った。』

以上は推測です。

乗船していたとみられる4人のうち1人は死亡していたが、3人は2日後の午前中に1遺体とともに板門店で北朝鮮側に引き渡された。

この様な話なら今までの韓国政府の反応に辻褄が合う。

テレビで左巻きのコメンテーターが言っていた瀬取は無い、これは当たっていた。

*櫻井よしこ氏のコメントを参照しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします