Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
ミャンマー | ミャンマー歳時記

Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

9月
22

 

農業灌漑・畜水産省によると2019年は612万haの作付けが今年は535万haの作付けで10%以上減少している。

 

農業専門家によると今年の雨季は降雨量が少なく灌漑用水の水不足と武漢肺炎による農業従事者の不足主な原因と語った。

 

また専門家は米の代わりに水が少なくて済む豆等の代替え作物の作付けを農家に奨励している。

 

作付面積が12.5%減少したので単純計算で100万t程度の米が減収となる。

 

ただし、消費者米価が減収が原因で上がることはないと思われるが、武漢肺炎による農作物の減収やバッタ被害、水害等々で隣国の中国が食糧不足になり爆買いすると穀物は高騰する恐れがある。

 

 

 

お願い

ミャンマー歳時記は9月30日で終了いたします。

長年のご愛読有難うございました。

ただし、フェースブックには今までと変わらぬ情報をUP致しますので、FBに友達申請していただければ幸いです。

申請時ミャンマー歳時記からとコメントいただければ即承認いたします。

アカウント名は「田口八郎」です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

9月
21

 

ミャンマーはラインタヤTspの話。

 

僧院とボランテアグループが提携して、武漢肺炎PCR検査陽性者収容施設を作ったが、行政側(Tspの担当者)はここを使わせず、学校を収容施設とした。

 

行政側からのボランテア団体に対して何の説明もないそうで、ボランテア団体はこのプロジェクトに関わらないと激怒した。

 

昨日は1日で700人の超陽性者が出てまだまだ増える様相なのに・・・

 

軍の施設を使わない、ボランテア団体や宗教団体の施設を使わない等々の事案が方々で出ているのはなぜか?

 

穿った見方をすればNLD支持者が選挙に不利になるとの考えで、USDPやその他の政党に有利にならないようにしているのではと考えてしまう。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

 

僧院

僧院

学校

学校

9月
20

 

インド政府は、ヒマーチャルプラデーシュ州のソラン近くのドゥンディ村にあるアタルロータン(Atal Rohtang)トンネル9600mを今月末にモディ首相を向えて開通式を行う予定。

このトンネルの開通により4~8時間短縮され10分で国境の紛争地域に行ける。

このトンネルは標高3000mにあり。長さ9600mの2車線幅があり、3億ドルと10年の歳月をかけ完成させた。

インド政府は中印国境地帯のインフラ整備に力を入れ、ラダックの首都レーからの移動時間を1週間から1日未満に短縮しています。

そしてこれらのルートの橋は全て改良され地対空ミサイルを運ぶトラックも通過できるT-90t仕様になっている。

チベットと新疆に隣接するラダック、アルナチャルプラデーシュ、ヒマーチャルプラデーシュ、シッキムの各州には、計画のさまざまな段階にあるいくつかの戦略的な高所トンネルと125の橋があります。

オブザーバー研究財団シンクタンクのハーシュパンツ氏は、国境紛争対策に「以前の政権は20年を無駄にした」と語った。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

トン炎る南坑口
トンネル位置図

9月
19

 

2022年10月の完成を目指して昼夜兼行で工事を進めているダラー大橋。

 

先週から体調不良を訴えた15人全員をPCR検査した結果ミャンマー人エンジニアグループに陽性者4人が出た。

 

ダラーTspでは9月16日、4人のエンジニアグループを含め9人のPCR検査陽性者が発生した。

 

ダラーTspのMP u Tun Yinはこれ以上の武漢肺炎の拡散を防止するためダラー橋の建設工事を中止させました。

 

今後1月以上の工事中断が続くと予定通り2022年10月の完成は難しくなるだろう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
18

ミャンマーの武漢肺炎PCR検査陽性者がついに日々300人単位になってきて、

Zaw Wai Soe博士が言った「今後2週間で最大5,000人の患者が見込まれる」が現実味を帯びてきた。

既にどこの病院も満員で、陽性者も自宅待機という人もいると聞く。

仮設病院を急遽建設しているが今の状況では養成患者の増加分を吸収できないだろう。

ヤンゴン市内のPCR検査施設も手一杯のようです。

州や管区間の移動禁止にしているので医療品の物流まで滞っていると聞くが、政府は何が重要か真剣に考えてほしい。

もう一つ重要なことは日本でもそうであったが、感染病対策は軍の医療関係者をフルに使うことが感染拡大を抑え込むことに成功する確率は高いのだが、

ミャンマー政府は仮設病院を含めた軍からの支援を断っていると聞く、NLD支持者に効くと軍は選挙戦を優位に進めたいので支援すると言ってきている卑怯者だという。

人命救助に政治的判断で支援を断るとはとんでもない話、これが事実ならNLDは選挙で負けてほしい。

国軍は、保健スポーツ省画像4月に開設したヤンゴン郊外Phaunggyi(ヤンゴンから70㎞北)に仮設武漢肺炎医療センターに40人の医療スタッフを派遣してる。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
17

 

武漢肺炎禍の前には1日2000万立方フィートの販売実績があったCNGだが、最近は900万立方フィートと半分以下になったと、ミャンマーガス企業のCNG担当部長は語った。

 

そのためヤンゴンの市内に41あるCNGガススタンドの内20個所は一時的に閉鎖する。

 

21個所のスタンドは従来通り午前6時から午後6時まで営業する。

 

人の移動制限は物の移動制限までに波及し結果このような事態になったが、恐らくガソリンスタンドも同様で売り上げは平時の50%程度かも知れない。

 

いずれにしても武漢肺炎と経済の両立を上手くコントロールしないと肺炎以外の死者を出したり、治安の悪化を招く。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
16

 

近年、ミャンマーの豆類業界は生産が増加しているがミャンマーの豆類最大の買い手であるインドの輸入政策の変更悩まされています。

 

豆類の輸出をインドの市場に大きく依存しているため、豆類価格は低価格になっている。

 

政府と豆類協会は不安定なインド輸出だけに頼らずに生産者を保護するため、下記の3つを重点項目として進める。

 

・他の国からの需要がある豆類を栽培する

・有機植物ベースのタンパク質原料となる豆類の栽培

・付加価値を付けるための方策とブランド化

 

ミャンマーは、2019年10月1日~2020年7月24日現在の豆類の輸出は1,434,000トンで10億6,500万ドルを稼いでいます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
15

 

武漢肺炎感染者が急激に増えたミャンマー、最近は1日200人前後のペースで感染者(PCR検査陽性者)が増え続けていて、4月に建設した1050人収容のレグー仮設病院も現在満室状態。

 

政府はヤンゴン市内に5000床の仮設病院を作る計画をしています。

 

仮設病院は主に軽症者を収容して、重篤者はファウンジー、ワイバルギ、サウスオカラパの病院で受け入れています。

 

ダゴンセイカンTspにあるヨマ団地には600床以上の仮設病院、テンガンジョウTspのサッカー場に500床の仮設病院を建設中です。

 

Zaw Wai Soe博士は「今後2週間で最大5,000人の患者が見込まれる」と述べた。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

建設中の仮設病院

9月
14

 

9月8日から選挙運動が始まり、各政党は思い思いのカラーを使い自党をアピールしている。

 

選挙戦をざっくり分析すると、州地域では民族政党がNLDの議席をどれだけ奪取できるか、USDPは苦しい戦いが続く。その他の政党は独自の戦い。NLDは上下院合わせて30~40議席を失いそう。

 

USDPはテインセイン前大統領とタンテイ党首の肖像画を描いたキャンペーン掲示板を各選挙区に設置した。

 

USDPは1,129人の候補者を立てました、これらの候補者の中には、88人の元軍将校と14人の元大臣がいます。

 

年齢別グループは、25〜40歳が99人、41〜60歳が662人、61歳以上が36人はです。党が民族党との交渉を進めて、27選挙区で競合しないようにした。

 

NLD中央選挙勝利委員会は、党の候補者にサイカーの運転手、馬車の御者、ボート運転手に、日当を払って党の選挙運動の歌を毎日流して歩くように指示しました、なお日当は候補者が支払うことになる。

 

むぅ~、これは日本だと確実に選挙違反になりそうだ。

 

2015年の選挙時に地方に行ったとき大規模な選挙演説会に遭遇して1時間ほど通行止めに会った。

 

良い機会なので集会の様子を観察したら、子供の数が1/4くらい居てジュースやお菓子、軽食弁当等をもらっている。同乗していたミャンマー人にあれは選挙違反だろうと問うたら、子供は選挙権がないので選挙違反にはならないだろうとの返事。

 

選挙違反に対する考え方がこの程度かと何となく納得した。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

NLD

USDP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。