Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
ミャンマー | ミャンマー歳時記 - Part 12

Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

6月
14

 

ミャンマー政府は今月、ハンタワディ国際空港を建設するという提案を推進するという意欲を繰り返しました。

 

運輸長官ウ・ウィン・カント氏は、ハンタワディ空港プロジェクトは日本からの融資で実施されると述べた。

 

1990年代初頭から開始されたレガシープロジェクトは、資金確保するのが困難でした。

 

2012年仁川国際空港公社が率いる韓国のコンソーシアムが、2014年にチャンギ国際空港と日本企業が落札したが両契約ともは建設工事なしで失効した。

 

このプロジェクトは資金の目途がつかず計画を継続できないでいるが、結局お財布日本に泣きつく格好。

 

 

ミャンマー運輸省は地方空港のUPグレードには運営権を付与して民間資金で行う事例が増えてきた。

 

ヘ-ホ空港はKBZグループ(65%)と豊田通商(35%)が今後3か月以内に契約す予定。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
13

CERP関係者はイラワジ紙に対し、BRIメガプロジェクトがCERPにリストUPされたプロジェクトの中にないこと、中国が支援するプロジェクトが急いで行われたり、適切な精査を回避したりする事はないと付け加えた。

 

「BRIメガプロジェクトの選択に関しては、すでに提案されているが遅れています。それらは、国際的な経験を持つ評判の良い会社によって実施されなければなりません。

 

そしてプロジェクトは商業的に実行可能でなければならず、国に負担をかけない」と当局は語った。

 

習近平の訪問中に合意された3つのプロジェクト(ニューヤンゴンシティ、チャウピュウ深海港およびSEZ、中国とミャンマーの国境経済協力地帯)について早期に着工できるようにと常にミャンマー政府に圧力を加えています。

 

今回の武漢肺炎禍でも3つのプロジェクトは雇用を促進して経済復興に役立つと,どさくさに紛れてでも推進しようとする中国の焦りが見える。

 

今回のミャンマー政府の行動は当然で中国の圧力に負けてはならない。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

チャウピュウマディ島に停泊中のタンカー

6月
12

 

ヤンゴン管区交通警察が発表によると、道路交通管理局(RTAD)発行のナンバープレートを車両に取り付けない運転者(所有者)は、3か月の懲役または300,000の罰金刑を受ける。

 

道路安全および車両管理法のセクション84(5月26日に制定された)によれば、所有者はナンバープレートの数字または文字を変更または変更することも許可されていません。

 

「私たちは新しい自動車法に従って犯罪者に対して行動を起こしています。所有者は、RTADによって発行された正しいナンバープレートを表示する必要があります。

 

登録目的で、車両はポートからRTADまで運転することができます。彼らは、指定されたルートを使用し、正しい文書を携帯する必要があります。」と警官のサントゥンは延べました。

 

確かにナンバーなしの車両や明らかにRTAD発行とは違うナンバープレートとを付けた車両は多く見受ける。

 

不正登録車両は何%あるのだろうか、因みに現在の登録車両はおよそ110万台です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

6月
11

 

電気エネルギー省(MOEE)によると、香港のV Powerが建設中の天然ガス(LNG)発電所プロジェクトは「マレーシア」からのNLGが到着し、近々稼働する予定です。

 

このプロジェクトは4月上旬稼働予定だったが武漢ウイルスの影響で遅れていた。

 

LNG発電所プロジェクはヤンゴンのタンリン45万kwとタケタ30万kw、およびラカイン州のチャウピュウ15万kwです。

 

MOEEによれば、電力消費量は過去数年間で毎年15〜19%増加しています。世界銀行は昨年ミャンマーに、経済成長を維持するために電力部門に毎年最大20億米ドル(2.8兆チャット)を投資する必要があり、需要は2030年まで毎年11%増加すると予想されていると語った。

 

同行は、電力需要は2025年に860万kw、2030年に1260万kwに達すると予測しています。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

6月
10

政府は、2020年―21年の予算から、レ-ダン鉄道高架橋を改修するための資金を要求します。

 

カマユゥTsの国会議員 Uティンウィンは、インフラの状態について次のようにコメントしています。「日本の占領中に建設された非常に古い橋であり、車線が2つしかないため、非常に混雑しています。」

 

改修は2車線を4車線に拡幅し両側には歩道も設ける。

 

植物の成長で擁壁は崩壊寸前で、ミャンマー鉄道とヤンゴン市開発委員会(YCDC)によって擁壁の緊急補修作業が行われた。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
08

 

NLD中央情報部長Monywa Aung ShinにIrrawaddy誌Kyaw Zwa Moe氏のインタビュー記事から。

 

アウンサンスーチーは、国民の尊敬と支持を取り続けていることはわかります。しかし同時に、多くの人々は彼女が任命した一部の閣僚、首相の無能のために失望しています。

 

選挙公約の少数民族との平和を推進と、憲章改正を行うことができませんでした。憲章改正は困難でありますので、これを脇に置いて、元財務計画大臣の経歴詐称に(わらず解任せず、2年後後大臣は汚職の罪で解任された。

 

最近のヤンゴンの首相の場合も同様です。彼は大量集会に関する政府の禁止に違反したが党CECは彼に警告を発しにだけだ。

 

このようの事例は多くあるが、任命責任は全く問われていない。

 

彼らの選定はアウンサンスーチーと大統領を含む党指導部によって行われました。選択基準は私(Monywa Aung Shin)にはわかりません。

 

パーティーの主な原動力はアウンサンスーチーです。パーティーは彼女によって動かされている。2015年のように地滑りの勝利を勝ち取ることができないかもしれません。しかし、政府の武漢肺炎の対応とアウンサンスーチーの活動に基づいて評価を受けるために、私は2015年に近い勝利を確保すると信じています。

 

議員と閣僚には不満があります。しかし、それらの欠点は、ウンサンスーチーなどの活動によって補われます。

 

 

4年半の失政を総括するでもなく、今もってアウンサンスーチーの人気で選挙に勝てると思うNLD政権幹部には失望する。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
07

 

雨季に入ったと思われるヤンゴン、時々集中雨に見舞われて道路が冠水する。

 

雨季の時期道路冠水は日常茶飯事で、時には60cm~90cmの冠水も珍しくない。

 

一見平坦なヤンゴンですが5~8mの起伏はあり地盤が少しでも低いところは冠水する。

 

冠水の原因は多々ありますが、

 

1街全体の排水システムがない(満潮時は水の行き場がない)

 

2.排水管の容量不足

 

3.排水管の詰まり

 

3)は市民のゴミ捨てが無くなれば80%は解決する。

 

 道路へのゴミのポイ捨ては雨が降ればすべて側溝に流れ込み側溝を閉塞してしまいそこから水は道路に溢れ出す。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

洪水
川のゴミ

側溝の改修工事

6月
06

PanAustは先週水曜日にミャンマーの天然資源環境保護省(MONREC)から資源の豊富なサガインのWuntho Massif Regionにある185,000エーカー(750平方km)以上をカバーするブロックのライセンスを取得しました。

PanAustは、広東ライジングアセットマネジメント株式会社(GRAM)の完全子会社である広東ライジングHK Ltdが所有するオーストラリアに拠点を置く会社です。

GRAMは、中国の広東省に拠点を置く中国の国有企業であり、鉱物資源開発、電子機器、産業廃棄物管理、不動産、金融の投資会社として運営されています。

同社は2013年同地区で37万エーカーの探査許可権を得ている。

ザガイン地域には中国企業運営の環境破壊で悪名高いLetpadaung銅鉱山があり地元住民は今回の探査許可にも反対している。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

6月
05

 

ミャンマーで最も貧しい州の1つであるチン州は、道路でのみ到達可能であり、チン州最初のファラム空港で利便性が大幅にUPします。

 

「滑走路、管制塔、空港の建物はすべて完成しています。今月はテスト着陸が行われます。しかし、武漢肺炎の制限と天候のため、空港がいつ本格供用を開始するかはまだわかりません」と運輸省航空局長のU Soe Paingは語った。

 

このプロジェクトは予算が約370億チャット(2600万米ドル)で、2015年4月に建設が始まりました。

 

空港は522ヘクタールの敷地に1,830mの滑走路は幅30m、海抜1,830メートル、ファラムの町西13 kmにあります。

 

ファラム空港はミャンマーの69番目の空港になります。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。