Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

9月
19

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 千葉県全域停電騒ぎ1週間過ぎても未だ10万戸単位で停電中との事。

 

そこにお住いの方々の困窮する姿は手に取るように分かります。

 

ミャンマーで生活していれば停電は日常茶飯事なので、最小限の対策は立てている。

 

小型発電機、バッテリーと充電器、充電式電気スタンド、浄水装置、LPG,卓上ガスコンロ、炭、薪

 

我が家で無い物は小型発電機だけです。

 

電気が無ければご飯も炊けない、携帯電話も電池切れになり外部との連絡も取れない。

 

現代の生活は電気無しでは成り立たず、電気が無いために死人が出ることも有るそうだ。

 

今回の停電復旧に時間のかかっているのは、電柱の倒壊と樹木倒壊が主要因らしい。

 

自衛隊も1万人体制で樹木倒壊の処理にあたっている。

 

 



地方には消防団が有るので消防団ごとに100KVA程度の移動式小型発電機を用意して緊急時に備えるのはどうなのだろうか。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

自衛隊の倒木処理

9月
18

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

日本のDACグループから期限切れ8か月前の非常食300食が届いた。

 

尼僧院の孤児たちに食べさせたいと、入れ替え時期を早めて送ってくれた

 

今回は五目ご飯ですが、ミャンマー人に言わせると、このままではミャンマー人は美味しく食べられないとの事。

 

むぅ、分からないわけではない、ミャンマー人は粘りのあるご飯は苦手でサラサラしたご飯が好きだ。

 

さて、そうするか?

 

お粥かチャーハンくらいしか考え付かないのだが、取り敢えず試作してみよう。

今後2ヶ月に1度数回送ってくれるとの事で、

子供たちに美味しく食べてもらうためこの任務は重要だ(笑)。

 

なお、日本からの輸送は㈱サミット〈社長がミャンマー人〉が無料で支援してくれることも有りがたい事です。

 




にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




9月
17

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

来年度予算は各省庁からの予算要求を共同公会計委員会が精査し4000ksを削減して318000ks22700億円)として議会で承認された。

 

省庁別の予算額が発表されていないので詳細は分からないが、少なくとも電気エネルギー省の赤字分4000ksは電気料値上げで解消されるはずである。

 

予算配分は願わくば生活改善よりインフラ整備と教育等に重点配分してミャンマー発展の基盤作りをしてほしい。

 

2020年の選挙に向け民衆受けする事業に金を回すようなことは有ってはならない。

 

また、汚職による公金の無駄遣いの排除も忘れてはならないが、大臣クラスや地方政府の首長が汚職をしているので役所内はかなり汚染されていると見た方がよい。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
16

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ヤンゴン外国語大学の日本語学科の入学偏差値は英語に次いで2番目。

 

日本語会話学校もヤンゴン市内には雨後の筍の様にできている。

 

日本語能力試験は申込用紙が無く成るほどの人気だ。

 

小生も10年前に3年ほど日本語学校を運営していたが、他の仕事が忙しくなり止めてしまった。

 

テキストも自前で作り試験対策ではなく、日本に行って会話力が延びるのを目標にしていた。

 

日本に行って3ヶ月で居酒屋の注文取りまでできた生徒もいた、また同じ職場に3年前から来ていたミャンマー人より半年で日本語会話が上手くなり給料が上がって喜んでいた生徒もいました。

 

どの学校も日本語能力試験対策に重点を置いて指導しているので(これは資格が重要視されているので仕方がないのだが)日本に行ってから語彙が多くなっても会話力が延びない。

 

ミャンマー人の能力や癖、文化等を十分把握してミャンマー人向けの指導方法を研究すべきだと思う。

 

小生は3年間の日本語学校で色々な事を勉強させてもらっい指導ノウハウを得ました。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

少人数で教えた、10年前の日本語学校

9月
15

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

商務省によると、2018年度の過去11か月間に490万トンの燃料油を29億米ドル相当で輸入した、前年は544万トンの石油を輸入し、332,600万ドル。

 

輸入量は昨年より54t10%)減となった。国産原油が大幅に増産になったとの話も出ていない。

 

車両登録台数は増えているのも関わらず燃料油が10%が減とは経済活動の減少を示唆しているのだろうか。

 

今年前半は世界的に原油価格が高騰して消費者が節約もしたことも影響は有ると思われるが、

 

物流量が減っているのも確かだろう。

 

商務省は4億㌦以上の輸入金額が減り貿易赤字が大幅に減少したと喜んでいる様なコメントだが

 

これは逆で輸出が大幅に増え貿易赤字の減少なら喜ばしい事だが・・・

 

今の減少は経済の縮小を意味しているので諸手を挙げて喜んでいる場合ではない。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
14

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へバゴー~ピィー間の鉄道改修工事は「ADBが支援を提供してくれます。私たちは(鉄道のアップグレードの)財政的実行可能性に関する報告書を準備中であり、来年6月までにADBに提出する予定です」

 

と運輸通信大臣のウ・タン・シン・マウンは記者団に語った。 

 

ヤンゴンピィー線は187751日に開通ミャンマーで最初の鉄道で建設

には3年かかりましたが、その多くはインドの労働者によって行われました。 

 

鉄道の改修後、列車は時速120キロメートルで走りヤンゴンからピイまでの29の駅に通じる161マイルの所要時間が8時間から4.5時間に短縮されます。 

 

ADBは日本主導の銀行なのでこの工事には日本企業が関与するだろう、

 

ヤンゴンからの主要幹線とヤンゴン市内の新交通システムの東西、南北線も日本の支援で計画中である。

 

日本の支援は実行となれば着実で品質の良いインフラを提供する。

 

ミャンマー政府にとっては中国からの借入より金利が一ケタ安い日本からの借款はメリットが有る。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
13

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

「先月の落花生の価格は、1.6キロ当たり4200ksの高値まで上昇し、地元の食用油搾油業者は苦境に陥った。

 

この価格の上昇は中国の業者が入手可能なすべての落花生を通常価格の20%増しで買いあさったからだ。

 

今月は新物が出回るのとマンダレー~ムセ道路が不安定なため中国業者が買い控えをしているため価格は安定する予定ですとミャンマー食用油業者協会の副議長、U Thein Tunは述べています。

 

落花生の価格が上昇したことにより落花生油の小売価格はは1.6kg当たり10000ksですがこの価格では生産者も利益が出ず、消費者も買い控えをして売れ行きは悪い。

 

商務省は国家輸出戦略に搾油作物が優先事項として含まれていますが、食用油の輸入は65000万米ドル輸出は27000万米ドルですと、

 

マンダレー首相U Zaw Myint Maungは食用油ディーラーとの会談で述べました。 

 

油ではなく原材料で輸出しているのが問題ではなかろうか。

 

いずれにしても中国との貿易はミャンマー国民の生活破壊まで及ぼすので、政府は厳重な監視が必要ではなかろうか。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

輸入物(韓国産)ひまわり油が8000ks

9月
12

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

ミャンマー投資委員会(MIC)のディレクターであるウ・タンシンルウィン氏によると、ミャンマーは201819会計年度の外国投資目標を下回930日に終了する現会計年度に41億米ドル(6.29兆チャット)の外投資しかないだろうと述べた

 

目標額の58億㌦には達成せず、達成率は70%程度で終わる。

 

日本が支援するティラワ経済特区は、今年度、22,368万米ドルの外国投資があった。

 

昨年は半期の変則会計年度であったが20億㌦外国投資が有った。

 

政府の経済政策のまずさから外国投資が目標達成しない事を政権幹部は大いに反省して頂きたい。

 

政府の政策を見ていると省庁間あるいは地方と中央政府の連携が必ずしも上手く行っておらず、

 

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるように見える。

 

ミャンマーの経済発展は外国からの投資によって左右され、これが国内景気に影響している、現在の街角景気の状況はかなり悪く8月のインフレ率は9%を上回った。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

テラワSEZ

9月
11

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ミャンマーの3大食品は、

 

米・食用油・玉ねぎ

 

米は勿論主食で成人男子は11升食べる人も珍しくない、コメの値段も5年前に比べると倍以上の値上がりで庶民は品質を落とし安いコメを食べている。

 

油は揚げ物、炒め物、サラダにと使うが、使う量が日本の数倍以上。

 

そしてこの油はミャンマーとしては結構高く上質な物は1360円と日本と変わらない。

 

ミャンマー風カレーはエビや魚・肉を油とタマネギやニンニク等をいれ煮込んだものだが、

 

一見すると油の中にエビが泳いでる感じで、ミャンマー人は味が浸み込んだこの油をご飯にかけて食べるのが好きだ。

 

チャーハンはご飯をフライパンで煽るとき上から油を掛けてご飯が油で光るまで入れる。

 

我が家で田舎から来たメイドを雇ったら、1週間で1.6㍑を使い切った。メイドに使い過ぎと言ったら陰でケチ親父と言われた。

 

玉ねぎもカレー、スープ、サラダとあらゆる料理に使われている。玉ねぎ価格は通常60円/kgだが2年に1度は投機と思われる価格上昇が有り、通常の3倍の価格になる時も有る。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

油少な目で頼んだ焼きそば