Archive

Archive for the ‘ミャンマー’ Category

10月
03

2号機のシャフト破損から今回は基本的構造の変更をした。

前回はタービンを片持ちにしていたが今回は両端支持に変更する。

それにより浮体の長さも現状の倍にする。

製作には2月ぐらいかかると思うが今年中に成果を上げたい。

ミャンマー人技術者も一生懸命になり、今回の設計も彼らのアイデアを取り入れている。

10月
02

日本ではタバコの値上げで1箱400~500円するタバコが、

ここミャンマーでは1箱40円です。

この値段には税金も含まれているのですから驚きです。

小生の好きな銘柄は『Mandalay』でタール13mg ニコチン1.2mgで日本のタバコより少々強めです。

ミャンマーに住んでいるとタバコ代だけでも1月1万円得することになる。

これ金額は家賃の40%相当額です。

10月
01

10月に入りヤンゴンの雨期明けも間近だ。

最近はは日照時間も長く時々雨が降る程度。

動物も植物も最適な環境で、もちろん人間にとっても過ごしやすい季節です。

このような状態はあと2週間ぐらいでその後は殆ど雨が降らなくなる。

10月
01

孫の百合子も15日で6ヶ月になった。

毎朝顔を拭いてもらうとタナカを塗られる。

タナカを塗った顔は日本人の私にはどうも馴染めない。

しかしミャンマー人はこれが儀式のように毎日行う。

9月
30

日本の外交政策とミャンマー政府の外交政策を比べると、ミャンマー政府の外交に対する確固たる姿勢がうかがえる。それに比べ日本は・・・・・。

政権を守る為(政府の評価は別)には経済制裁を受けようがその本質は絶対変えない姿勢は日本も見習うべきだ。

ただ日本と似ているのは広報が下手なことだ。プロパガンダでも何でもいいから積極的に海外に発信すべきだ。

9月
30

民主党の細野全幹事長代理が訪中したとの報道。

私的であれ首相の意向であれ、この時期なぜだ。

中国の恫喝とヨイショに翻弄され、とんでもない言質でも取られなければいいが。

日中間系が険悪状態になれば中国が困るだろうとの政策がなぜ出ないのか。

民主党政権にはそれだけの能力が無いのか。

9月
29

最近、近くの僧院から朝4時半から音楽が流れる。その音も大きく必ず目が覚める。

この音楽30分は続く。何の為に流しているかよく分からないが、迷惑このうえない。

坊さんは4時からおきて托鉢に出かけるそうだが、在家の衆は睡眠時間ということが分からないのだろうか。

坊さんは自分たちのすることはすべて正しいと思い込んではいないのか。

民衆の安寧を願うのが宗教家の本筋ではないのか。

9月
28

日中友好は即刻解体すべき

日中国交回復以来38年、この間一方的に糾弾され金をかすめ取られて来た。

中国が友好と言うときは日本に無心するときだけ、

国策として反日。憎日を掲げる国と友好などありえない。

主主義を知らない中国人との友好は危険極まりない。

中国と現状の友好関係を継続すると日本は中国の隷属国になってしまう。

9月
28

5ヶ月では早いと言われながらも、歩行器を購入。

華奢ですぐ壊そうな感じだが25000ks(2200円)では、こんな物だろう。

早速乗せてみたら百合ちゃんは大喜び

前には進めないが足を踏ん張って後ろに動く。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。