Archive

Archive for 7月 23rd, 2019

7月
23

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

ごまの原料価格が上昇している。主力のアフリカなどでの不作に加え、中国やインドなどが買い付けを増やし、世界的に需給がひっ迫しているのが要因だ。原料価格の高騰を受け、各社は値上げを表明しているが、産地価格の高止まりが続けば、再度の値上げも検討せざるを得ない状況だ。

*日本食糧新聞より

 

ミャンマーはゴマ生産量はアフリカのタンザニアに次ぎ世界2位。

 

胡麻生産高

1、タンザニア 805,691

2、ミャンマー 764,320

3、インド    751,000

4、スーダン  550,000

ミャンマーから日本への輸出は黒ゴマが主で7,358t/年

 

2017年夏ごろまで1トン当たり1500ドル以下だったものが、201945月には22002300ドル程度まで上昇した。

 

黒ごまについても、中国の買い付け量増加の影響から、主産地であるミャンマー産黒ごまが昨年を大幅に上回る価格で取引されている。黒ごまは白ごまと比べて産地が少なく、価格も高い。

 

ミャンマーの胡麻生産者にとっては朗報で、昨年は収穫量が平年の70%だったが、今年はどうだろうか、いずれにしても生産者価格も当然50%程度は上がっているはずであり生産農家は一息つけそうだ。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




ゴマの収穫