Archive

Archive for 9月, 2019

9月
30

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

電力エネルギー省のYeywar上部水力発電プロジェクトに関する設計部門と施工部門で汚職が有ったとして、U Chit Toe局長とU Min Khaing局長が警察に逮捕された。

 

これは腐敗防止委員会(ACC)が26日警察の告発して行われた。

 

U Chit Toeは請負会社に工事遅延の損害賠償を請求しなかった代わりに会社から7150万チャットを受け取った。

 

設計部門の局長であるU Min Khineは、設計価格の上乗せで、3100万チャットを企業に要求して外国旅行費用も要求した。

 

汚職の有罪判決を受けた者は最高10年の禁固刑を受ける。

 

ACCは少しずつだが実績を上げているが、中央政府の大臣クラスになるとせいぜい辞職に追い込むのが精いっぱいで告訴までは出来ない。これは何らかの政治的圧力が有るのかと疑いたくなるのだが・・・

 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

アッパーイェワダム建設現場

9月
29

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へベンガル人問題で西欧の旅行客の減る中、ミャンマー政府はアジアからの観光客数を増やすため昨年10月から香港とマカオからの訪問者はビザ免除の対象となり、中国本土からの訪問者は到着時にビザの対象としました。

 

その甲斐あって中国の観光客は前年の2倍の457,000人にとなり西欧の減少分をカバーしました。

 

中国人観光客を多くのミャンマー人は観光部門の救世主として受け入れました。

 

しかし、その希望は長くは続かなかった。

 

中国人の間で最も人気のあるマンダレーとバガンで彼らは観光地での振る舞いが悪いという評判を得、この地域が最も被害を受けました。

 

・宗教的な場所で規則を守らない

・撮影禁止区域の撮影

・立ち入り禁止区域への立ち入り

・レストランの洗面台で足を洗う、大声で話す、唾をどこにでも吐き出す

・ビュッフェでは大量の食べ残し

・土産物屋で商品を壊す

・ヒスイパゴダのヒスイを盗む

 

等々上げれば切りがない。一番疲れるのはガイドでハンドマイクで注意喚起しているが聞く耳を持たないと嘆いている。


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

中国人観光客

9月
28

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ先日バゴー管区で農民のデモが有った。

 

米の最低価格を1バスケット6000ksを7000ksに値上げを要求したデモだ。

 

デモの参加者によると6000ksの価格では1エーカー当たり8万ksの赤字になるそうだ。

 

本当に赤字かどうかは分からないが、1エーカー60バスケットの収穫が標準で5エーカーで180万ks、2期作が出来たとしても360万ks。

 

これでは確かに生活できないので、若者は農業を継がないで都会に出稼ぎに出る。

 

すると農繁期には人手不足になり田植えや収穫の好機を逸して収穫量が減る。

 

人手不足を解消するため機械化農業の請負を頼むと経費がかさみ手取りは減ってしまう悪循環。

 

ミャンマー農民・農業労働者連盟(AFFM)は政府に対し、若者の農業に対する関心が低下し農業離れが深刻な状況となっているため、政策の見直しを提言している。

 

提案の様に政府は農業政策の抜本的改革を早急に立てなければミャンマー農業は衰退する一方だ。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

農民デモ

9月
27

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

電気エネルギー省は6月に1,040メガワット(MW)プロジェクトの国際入札を募集しました。

これについてエネルギーの専門家は液化天然ガス(LNG)浮体式発電所で電気を生産する電気エネルギー省の計画を批判しました。

同省は、イラワジ地域のキュン・チャウンで20MW

ヤンゴン地域のアローン・タウンシップで120MW

ラカイン州チャウキュウ郡で150MW

タンリン郡で350MW

でタケタ郡で400MWを計画している。

LNGで生産される1ユニットのエネルギーは12または13セント[145-199チャット]になると聞きました。

多くの安価なオプションがあります。たとえば、太陽光発電の単位は7または8セントしかかかりません。これは40%安く、建設とと運用をより迅速に行うことができます」と彼はThe Irrawaddyに語りました。

「ソーラーは完璧ではありません。太陽光発電は、LNGとは異なり、夜間には発電できません。

しかし、総生産コストには大きなギャップがあります。それは単純だ。可能な限り太陽光を使用し、雨季と夜間にLNGで発電します。そうすれば、年間コストは平均で約10億米ドル低くなります」とU Lin Tun氏は付け加えました。(この案にも問題ありだが・・・)

いずれにしてもLNG発電は発電コストの高い事は確かだ、ミャンマーは発展途上国なのでCOなど気にすることなく発電総コストが安い石炭火力を選択すべきだろう。

もう一つ気になる事はLNG発電の専門家がいない電気エネルギー省は入札の為の専門コンサルも雇わないのは既に業者が内うちで決まっているのではと勘繰れれる。

賄賂が横行しそうな案件だな。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
26

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

YCDCによるとヤンゴンには29か所の工業団地が有るが、この内実際稼働している工場用地は60%で残り40%は建物があっても工場未稼働や草が生い茂る空き地となっている。

 

分譲時には5年以内に工場を稼働させる契約が多いがその契約は守られていない。

 

工業団地の中には電気・上下水道・連絡道路が極端に不備で団地とは名ばかりの個所も少なくない。

 

これ程の土地が余っているのに、今後11か所の工業団地を計画しているヤンゴン政府は何を考えているのだろうか。

 

新規団地を作る前に行政として行う事は既存団地の電気・上下水道。道路等のインフラ整備ではなかろうか。

 

新規工業団地を作っても事業者が自前で発電所を持ち、連絡道路も国道までは自前で建設しなければ工業団地としての価値はない。

 

杜撰な計画を他人の金で開発させて得るものは何なのだろうか?

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
25

 

ラインタヤTspのFMI団地市は、2019年930でミャンマー建設省都市住宅開発局に返還されまると記者会見で発表しました。

 

1995年に開発者FMI Garden Development Ltd.によって実施された住宅プロジェクトには、現在、約2,000の住宅に8,000人以上の住民がいます。

 

団地内には、スポーツ施設、ショッピングセンター、肉野菜魚の市場、銀行、フードコート、公園があります。

 

小生はFMI団地に住んでいるが、1年ほど前からFMI Garden Development Ltdと地主組合とで管理費の値上げを発端として種々のトラブルが発生し、ついに会社は政府に返還すると表明した。

 

返還の裏には団地造成時の土地買収で不正が有り土地代を受け取っていない農民が多数いてこれらの補償金の支払いも発生しそうな状況があり、今後トラブルが多いプロジェクトから早期撤退の道を選んだのだろう。

 

住民としては保安管理、ゴミ収集、道路・側溝等の維持管理を政府がキッチリしてくれるかが心配だ。

 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

FMI団地メインゲート

9月
24

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

これまでに取られた措置には、コンテナの検査、安全なロックシステムの確立、輸送中の商品を保管するための高セキュリティの倉庫の建設など、海上輸送を制御するシステムで対応した U Soe Winは言いました。 

 

ミャンマーは5つの近隣諸国と国境を共有していが、治安と国境警備が不足しているため法の支配が弱い地域で違法取引が行われることが多いと、違法取引との国境を越えた同盟の事務局長、ジェフリー・ハーディは語った。

 

017-18年度のミャンマーの貿易額は251億ドルで、違法取引64億米ドル、約36400万ドルの税収失われたと推定している。 

 

この話を聞くと毎度のことだがと、吹き出したくなる。

 

以前から密輸対策は行って、情報提供者には高額な賞金を出しているが成果は上がっていない様だ。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
23

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

21日(土)DACグループから届いた非常食の五目御飯300食を届けた。

 

先ず50食分をご飯に戻し、お粥を作る。

 

お粥は鶏ガラスープをベースに、ミャンマー醤油と塩で味付け、卵と葉ネギを入れる。

 

子供たちの口に合うか心配していたが、お変わりをする子供も沢山いてほぼ満足して頂いた。

 

しかし88人の子供の内数人があまり食べれない様でしたが、味云々よりお粥自体を始めて食べたので抵抗が有ったようです。

 

今回は昼食でしたが僧院長は朝食に食べさせたいとの事でした。

https://photos.google.com/share/AF1QipMNAXJnp0h3LBVaYjvlmxACM7fTsaGevM2t4k3AdZ3nVNoOfeou_OGL-TIGSpd_Bg?key=QVoxZXMweEhtSHQ3dC05cUdoZF9lWjdHTWhWejNB


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

9月
22

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

インセンTspのダニンゴン駅真横にあるダニンゴン市場は半年ほど前に開業して生鮮食料品、穀物、乾物から日用雑貨まで日々の暮らしに必要な物は全て揃う大きな市場です。

 

食肉と鮮魚売り場は2棟別棟になっていて48店が有る。

 

清潔で整然としている、野菜売り場は1コマ1.2×1.5m四方で商品の殆どが床に直置き。

 

1コマの家賃が51,000ks/月、これは安いのか高いのかは判断しかねるが・・・

 

今はダウンタウンから遠いが環状線の改修工事が完了すればヤンゴン中央駅まで50分程度で行けるようになる。

 

今後拡張するためか用地だけは確保してあるようです。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ダニンゴン市場


鮮魚・精肉店


青果売り場


米屋


日用雑貨店


荷卸し