Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
2020-08-13 | ミャンマー歳時記

Archive

Archive for 8月 13th, 2020

8月
13

 

NLD政権になってから1度も開催されていないNDSCとはどのような組織か。

 

国の緊急時に大統領、副大統領(2名)、外務大臣、下院議長、上院議長、国軍司令官、国軍副司令官、国防大臣、内務大臣、国境大臣の11人が集まり緊急有事の解決策を議論する組織で最終決定権は大統領にある。

 

ベンガル人(ロヒンギャ)問題、アラカンロヒンギャ救世軍(ARSA)の政府軍、警察襲撃事件、アラカン軍(AA)の政府軍、警察襲撃事件、北部同盟の士官学校襲撃及び幹線道路破壊事件、大規模水害、武漢肺炎等々はNDSCが開催されても良かった。

 

少数武装勢力との9か月間に及ぶ国軍の停戦呼びかけにもかかわらず少数武装勢力との和平が進まないのは、NLD政権と国軍の連携が出来ていない弱みに付け込まれた結果だろう。

 

軍事独裁政権当時の国軍の悪さは目に余るものがあったが、民主化された現在その悪さを引きずって国内安定にまで影響を及ぼすのは如何なものか、また隣国の戦狼外交に屈しないためにも政権と軍はより一層協力するのが国民のためではなかろうか。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ご拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

北部同盟に破壊された国道の橋

茂木外務大臣とミンアンフライン国軍催告司令官

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。