Warning: include_once(/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8

Warning: include_once(): Failed opening '/home/sites/heteml/users34/f/s/q/fsq/web/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/fsq/web/wp-content/advanced-cache.php on line 8
韓国の用日論 日本国民は馬鹿じゃないぞ | ミャンマー歳時記
Home » 勝手に評論 » 韓国の用日論 日本国民は馬鹿じゃないぞ
2月
03

 

反日で経済が下降線をたどる韓国、

 

それではと、日本をもっと利用しようとの魂胆

 

日本は朝鮮併合から今までいくらの金を朝鮮につぎ込んだろうか

 

伊藤博文らが併韓論に反対したのも、あんな未開の国ではいくら金が有っても足らない、

 

その金を国内の振興に使うべきとの声も多かった。

 

外交、安保等を考えなければ朝鮮の近代化に金をつぎ込みその果実は殆ど収穫できなかった。

 

欧米の植民地支配とは雲泥の差がある。単純に経済効果から見れば日本の大幅出超だ。

 

 

日本が近代化のインフラ整備をしたからこそ今の韓国も存在するのだ。

 

この論理は分かっていても多分韓国国内ではタブーなのだろう。

 

大人になれない朝鮮民族と、成熟した大人になった台湾人との差が今後のグローバル経済活動に大きな差がついて行くのは当然の結末だろう。

 

 

『うそ、パクリ、捏造』どの言葉も直ぐに韓国を連想する。これは日本だけではない、ドイツ、フィリッピン、そしてここミャンマーでも決して良い印象はない。

 

 

日本はそんな隣国には距離を置き『援助しない、関係を持たない、教えない』の三原則を厳守すべきだ。

 

韓国学者 韓国は用日論→要日論→従日論へと流れるとの見方

http://www.news-postseven.com/archives/20140203_239440.html

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。、”応援クリックをポチッとお願いします!

2 Responses to “韓国の用日論 日本国民は馬鹿じゃないぞ”

  1. okkala
    2月 6th, 2014 at 00:52 | #1

    ミャンマーには経済効果やミャンマー人の心証から「援助する(した)、関係を持つ、教える」価値はあるのでしょうか。
    個人的に出会うミャンマー人達に対しては疑う余地はありません。
    勤勉、正直、忍耐強い、頭も良い。
    (信用してもらうには、こちらが真摯な言動をする必要がありますが。)

    しかし、エイトマンさんの記事にある「金は出せ、経営はしたいようにする」や円借款ゼロ化の反響の無さ。賄賂を貰ったとしか思えない国家プロジェクトの迷走。そしてブローカーがのさばる市場。
    もしNLDが政権を取ったら「賄賂で中国に資源の略奪を許し」「ヨーロッパ旅行するだけの内政音痴が大統領」の迷政府になりそうなんですが。
    在麵ベンガル人という存在も、早目に断固とした処置をしないと日本の二の舞い。
    どこまで未来を信じて良いやら。信じるしか無いんですけどね。

    • 2月 6th, 2014 at 09:40 | #2

      okkalaさん
      支援の方法の問題も大いに会いそうです。
      上から目線で、本当に必要としている支援がなされていない気がしますが・・・

      NLDの政権能力の無さには危惧しているのですが、大統領になりたい一心のアウンサンスーチー女史の人気は落ちたと言えまだまだ人気は有ります。
      15年の選挙は圧勝とはならないと思いますが過半数以上は取るでしょうね。

      ヤンゴン在住の日本人の殆どが政権は変わってほしくないと望んでいると思います。

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。