Home » ミャンマー » DACグループ  タンルインヤダナー尼僧院を訪問 
1月
17

 

15日DACグループ15人がミンガラドンのタンルインヤダナー尼僧院を訪問した。

今回の訪問目的は発電機(5KVA)と10㎥水タンク&水浴場の寄付と子供たちにお土産を渡すことでした。

この準備は小生と秘書が全て行いましたが、贈呈式はDACグループの石川会長はじめ皆さんに喜んで頂けました。

子供たちのお土産は15人全員が1人1人の子供たに手渡しました。勿論子供たちも大喜びでした。

僧院長との会話の中で「100人の子供たちの面倒を見るのは経済的に大変で寄付が少ない時には食料も事欠く事態になる」この様な会話を聞いた石川会長は、

即刻、今後1年間DACグループは一部ですが食材の面倒を見ましょうとの提案をしました。

僧院長にしては驚きのプレゼントで大変喜んでおられました。

支援内容は月間概ね100万ks相当の食材を寄付するとの内容でした。

食材調達は私と秘書が受け合いました。

日本企業がこの様な活動をして頂けるのはミャンマーに住む小生としては嬉しい限りです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。