Home » ミャンマー » タンルインヤダナー尼僧院食料支援開始
2月
02

 

DACグループの資金でタンルインヤダナー尼僧院食料支援を2月1日開始しました。

計画では1週間に120万ks相当の食材の支援をする。

基本的には栄養バランスを考慮した食材を提供し子供たちの健康を維持する。

1回は干し小魚32kg、豆48kg、タマネギ45kgを、バイナウンの問屋街で買い求めました。

干し小魚は100人の子どもが1ヶ月毎日11g(67匹)食べられる量です。

豆は肉の代わりの蛋白源として100人の子どもが半月間毎日32g食べられる量です。

僧院長には再度、栄養補給に重点を置く当方の意向を伝え了解を得ました。

子供たちが健康で元気に育ってくれれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

豆、玉ねぎ、干し小魚

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。