Home » ミャンマー » 家庭菜園で春菊を
2月
03

家庭菜園で春菊を

 

先日来緬の北川氏に沢山(1kg)の春菊の種を頂いた。

 

早速付近の農家2人に分けた。

 

分けたと言ってもコップ1杯分ずつ。これでも上手く育てれば十分何百株になる。

 

沢山与えると無駄にするので、少しづつ分けるのだ。

 

自分もほんの少しプランターに播き、芽が出て4日目に、カンナが咲き終わった花壇に70株ほど移植した。

 

通常の栽培では移植しないで間引きで株間隔を揃えるようですが、種の節約の為、試してみた。

 

過去の経験からすると早いものは3週間くらいで収穫できるので、ミャンマーに戻る2月23日頃には食べられるだろう。

 

日本種は柔らかく香りも良いので市場へ出すとすぐ売り切れる。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ /></a><br /><a href=にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします




移植した春菊

One Response to “家庭菜園で春菊を”

  1. 高山義和
    2月 9th, 2019 at 19:34 | #1

    1月の末に北川とお邪魔した高山です
    現在日本に帰っているようですね
    健康に気をつけて頑張って下さい。
    又ミヤンマーに行った時は話をきかせて下さい。

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。