Home » ミャンマー » ゴリ押しするアウンサン将軍像建立
2月
05

 

1月29日カヤー州ロイコーに地元が建立に反対しているにもかかわらず、

アウンサン将軍象が地元の公園に荷卸しされた。

地元の権利活動家Myo Hlaing Winは、7月に州の首相が州民の承認なしには建てないという約束を政府が破ったことで、多くの住民が将軍象が届くのを見て驚いたと述べた。

NLDのLoikaw事務局長U Taung Htayは、地元の党員たちは彫像の建造には関与していないと述べた。

州の当局者は、水曜日にThe Irrawaddy紙から連絡を受けたとき、彼らはこの問題についてコメントする事を控えると述べた。

カヤー族の多くがアウンサン将軍象の建立に反対しているのに、どうして民族紛争の種を播くのだろうか、

このプロジェクトを主導しているのはNLD党員であることは7月の騒動で分かっている。

一方で少数民族武装勢力の和解に奔走しているアウンサンスーチー国家顧問の立場はどうなるのだ、

将軍像建立推進派は贔屓の引き倒しであることが、分かっていない、アウンサンスーチー女史にゴマすり派だ。

なお、130日には建立反対デモで20人の逮捕者を出している。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。