Home » ミャンマー » アウンサンスーチー国家顧問、一帯一路(BRI)プロジェクトの精査を約束
2月
21



ミャンマーでBRIを実施するための運営委員会議議長のアウンサンスーチー国家顧問は委員会初会合で「選ばれたプロジェクトが国家計画に隔日に適合しているか確認する必要がある」と述べた。

中国は24のプロジェクトを提案しているが、ミャンマー側はチャウピュウSEZ、ヤンゴンニューシティー、国境経済協力ゾーン2カ所等9のプロジェクトの作業を優先審査する。

9つのプロジェクトにミッソンダムが含まれているかは不明。

国歌顧問が声高にプロジェクトを精査すると発表すること事態、計画が胡散臭いことをうかがわせる。

どのプロジェクトを見ても採算性に難ありで債務地獄に落ちそうな気がしてならない、

中国に全責任を負わすBOTシステムを導入して失敗すればプロジェクトは取り上げる契約にすべきと思うが、中緬の力関係でどうなることやら。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=

にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

 

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。