Home » ミャンマー, 育英会 » 「ミャンマーの子供たちに楽器演奏を」プロジェクト 教師教育を始める
3月
20

 

昨日(19日)ICECのラター校舎(20番通り)で音楽教師教育が始まった。

講師はレオパレス21に勤務の高橋冴さん。

会社のご厚意で勤務扱いで講師を引き受けていただきました。

受講生はICECの先生方で当初15人の予定が希望者が多く30人になった。

7日間21コマで、音楽をほとんど知らない人に、子供に鍵盤ハーモニカとリコーダーの演奏方法を教える技量を身に付けさせる。

5線譜、音符等の基礎からのスタートで、どこまで子供に教える技量を学べるのだろうかと不安はあるが、

講師の高橋さんはJICA派遣でモンゴルでの経験を活かし受講生を飽きさせずに引っ張ってくれると期待しています。

このプロジェクトには日本の多くの方々にも楽器の寄贈でお世話になっています。

在日ミャンマー人が引き受けてくれた日本~ミャンマー間の輸送の楽器も今月末には届く予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ data-recalc-dims=
にほんブログ村 拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

音符の勉強


Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。