Home » ミャンマー » 中国人のミャンマー人女性人身売買が多発
3月
29

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の報告で、ミャンマーのカチン州とシャン州北部の女性と少女が中国で売買され、性的奴隷を余儀なくされたこと、およびこの問題に対する法執行の欠如を警告した。

収容所に住んでいる国内避難民(IDP)が狙われていて売り方には女性の親戚や知人のミャンマー人が関わっており買い手は中国人。

殆どどの女性が良い仕事が有ると誘われて、現実には結婚できない中国人男性の子供を産むために連れてゆかれる。

1300012000ドルで売買されている。

売られた女性は妊娠するまでレイプされ、妊娠して子供を産むと結婚させられて、逃げても良いが子供は連れて行けないと告げられるそうだ。

HRWの報告の中には他の悲惨な事例が沢山報告されている。

人権には殆ど興味がない中国に連れてゆかれる女性は悲惨だ!!

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。