Home » ミャンマー » ミャンマーの交通事故、98.02%が人的ミス
4月
11

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

8Nay Pyi Tawの運輸通信省で国家交通安全評議会(NRSC)第5回評議会開催された。

 

会議には議長であるU Henry Van Thio副大統領も出席した。

 

副大統領は出席者に2013年の基本年から2020年に交通事故による死者数を50%減らす目標を見失わないようにと言及された。

 

そして、交通関連の事故を減少させるためには国民の協力が不可欠であると述べ、そのためには国民を説得し奨励するための教育キャンペーンを拡大する必要があると述べた。

 

部会の中で

 

2013年の車両台数は411万台​​あったが、20192月現在で729万台に増えたが、

 

交通事故の98.02パーセントが人的ミスによるものであるという事実と相まって、交通安全と交通規則の順守に対するニーズはかつてないほど高まりましたと結論付けている。

 

 



98%が人的ミス??

 

これは事故検証時のデーターの取り方が日本と違うのだろうが、

 

道路の専門屋としてミャンマーの道路を見ていると、事故が起これば道路管理者の責任になるような箇所は沢山ある。

 

日本流に何でもかんでも管理者の責任としてしまうのも如何なものかと思うが、ミャンマーは逆に運転者に責任を転嫁し過ぎではなかろうか。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

人を乗せたトラックが横転した事故


道路の補修工事

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。