Home » ミャンマー » インタビュー・会談の仕方に違和感あり
4月
25

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

以前からおかしいと思ってたこと。

ミャンマー生活が長いと、時々お話を聞かせてくださいと訪ねて来る人がいる。

家まで押しかけて来られると対応する小生、勿論無料。

ミャンマーの事を聞きたいのに事前の調査は殆ど無し

話しの中で核心に触れると、それは何故?と聞く

いかがわしい儲け話、あるいは何かいい儲け話は無いか?

こんな話が多くお付き合いしているのも馬鹿らしくなる。

最近最も腹が立つこと。

話しているのに一生懸命にパソコンを打つている。

会話しを入力しているのだろうと思うが・・・

人の顔を見ないで話を聞いて本音が分かるのだろうか。

この様なインタビューや会談を何百回行っても本当のことは分からないだろうと思う。

私は会談するときには殆どメモ等はとらない、たとえとるにしても走り書き程度で相手から目を離すことは無い。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。