Home » ミャンマー » 汚職の状況は改善されていない ミャンマー
5月
04

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

汚職と闘うために努力にもかかわらず、その慣行は国内で横行している、と反腐敗委員会委員長U Aung Kyiは語っている。

汚職の主な要因についてのアンケートでは

自己利益的な考え方、

変革への抵抗、

汚職に対して無感覚な行動、

特定の場所における不適切な法の支配

政府部門に大きな権限を持つ官僚主義がある限り、汚職は残るだろう、と下院議員U Nay Myo Tunは述べた。

例えば、市民がIDカードを申請するプロセスでさえ、簡単ではありません。

担当部署は多くの情報を要求し、人々はすべての文書を提示することはできません。

だから、市民は物事を成し遂げるために賄賂を支払うことを選び、それは汚職につながりますと、U Nay Myo Tun氏はThe Irrawaddyに語った。

委員会は2018年に1,054件の苦情を受けましたが、そのうち46件のみが腐敗防止法に基づき処理されました。残りの1,795件は、公務員の行動規範に従って、関係部署に訴訟を提起した。

1,795件のうち、関係部署が536件の苦情に対して措置が取られた。

「汚職は、社会では恥ずべきこととして、それが罪と見なされない限り、死ぬことはありません。

人々は汚職のために金持ちになることを誇りにしていますと」、作家Zarni Soe Htut氏は述べています。

正直な話し、汚職については以前の全く変わらない、変わったのは賄賂の受け取りが巧妙になった事、受け取っても責任を取らない。

大臣や局長、首長クラスが清廉潔白でなければ下の者は上の物を見習うので汚職は無くならない。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ヤンゴン管区首相

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。