Home » ミャンマー » 苦渋の選択、中国へのコメ輸出は物々交換
6月
12

 

ミャンマーから中国へ今年輸出される米は、物々交換によって5億米ドルに達すると予測されている、とウーアウントゥーs商務省副大臣は語った。


ミャンマーも中国から輸出額と同額の機械、設備、鋼鉄を輸入する。


しかし商務省のU Aung Soe氏は、ミャンマー企業は品質の面で中国の機械や設備を好まないと否定的な発言をした。


物々交換はもはや商取引において現代的なアプローチではなくなったが、生産された余剰米を売ることが先決、と彼は続けた。

 

今年はミャンマー米は豊作で余剰米は300万tに達しているので、中国の理不尽な要求も飲まざるを得ないミャンマー政府の苦渋の決断。


中国は米中貿易戦争で輸出が不振なので押し付けれるところは恥も外聞もなく中国製品を押し付ける。


この様な困ったときに足元を見透かして商売する国と真面に付き合ってはいけない事をミャンマー政府は肝に命じてほしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

米の荷卸し

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。