Home » ミャンマー » BOT道路はどうして通行料がこんなに安いのか
7月
28

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

一般国道の通行料は乗用車で5ks/マイル(36.2銭)

 

国営のヤンゴンネピード高速道路は同車種で凡そ12ks(89.0銭)

 

ミャンマーの国道は凡そ20%7800kmがBOTにより運営されている。

 

以前顧問会社から頼まれ運営試算費用を作ってみた。

 

1マイル当たり初期投資2~2億5千万ks、維持管理費、金利、利益等を入れると通行料は55ks/マイルとなる。

 

正確に計算すれば初期投資の利払いにもならない通行料収入。

 



業者は運営が苦しいので値上げを要請しているが、要請の仕方もおかしい。

 

タイが85ks、ベトナムが107ks、中国が183ksなのだからミャンマーは安すぎると言う根拠。

 

初期投資、維持管理費、金利。税金等本社経費をキッチリ計算して交渉に当たるべきだろ。

 

最近のニュースによると通行料に17%の税金を掛ける案が出ているらしい。

 



料金所で同時に取られる地域入場料が200300ks、この金などは、収入が丸々儲けで会計報告もほとんどなされていないと聞く、いったい誰の懐に入るのだろうか。

 




にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

BOT道路

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。