Home » ミャンマー » 電力メーター不足に納得したが・・・
9月
01

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

友人のミャンマー人が家の積算電力計が壊れているから交換してくれと事務所に掛け合ったが、

 

今はメーターが無いのでそのままで良いとの事。

 

このメーター時々止まるので隣近所より電気料金は半分以下だそうです。

 

金曜日の軍傘下のミャンマー経済持株会社(MEHPCL)は、過去3年間にわたる電力メーターの調達プロセスの問題に関する議会での副大臣のコメントは不公平であり、会社の評判を傷つけたと述べた。

 

この問題は、電力メーターに関する入札の件で MEHPCLが独占的に契約していたが、201627万個余りの入札で応募者が1社の為キャンセルされた。

 

2017年に別の電気メーター入札では高いコストのために無効にされたと述べた。

 

これには、UMEHLAlpha Power Engineering Company2社が応札与していました。

 

Alpha Power Engineering Companyより低い単価を提供しました。

 

政府が2017年後半にUMEHLの入札を承認した場合より53,343億チャットの無駄遣いを防いだ。

 

MEHPCLはより高品質な製品を提供しようと思い割高な単価になったと説明している。

 

配線が終わり各戸にメーターが付けば電気の恩恵が得られるのに、メーター待ちの家も少なくない。

 

電力エネルギー省とUMEHLとの言い分は異なりどちらが正しいかわ分からないが、

 

内部の問題で国民に迷惑を掛けるなどもってのほかだ。

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

我が家のメーターも壊れている、1000の位がゼロのまま

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。