Home » 勝手に評論 » 韓国を北に走らせて良いのだろうか?
9月
01

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

韓国の日本に対する嫌がらせは目に余るものが有り、願わくば関わりたくなく断交したい。

 

しかし、冷静に考えてみれば、これは文在寅大統領の目的達成のための一コマだ。

 

文在寅大統領の最終目標は西側自由主義陣営から離れ北朝鮮との併合(北朝鮮が韓国を吸収)である。

 

どんな方法であれ文在寅政権で韓国が北朝鮮と合併することは韓国国内は一時内乱状態となり、多数の難民が発生する。

 

・難民の行く先は日本が一番多く何百万人の数になるだろう。

 

・日本の防衛ラインは38度線から南に下がり対馬海峡になる。

 

・北朝鮮の新型短距離弾道ミサイルを釜山辺りに設置されたら東京も射程圏内に入る。

 

・この新型ミサイルは現在技術では迎撃が極めて難しく、まして飽和攻撃されたら撃たれっ放しだ。

 

・国内居る在日(韓国、北朝鮮)の何割かは祖国の指令を受けてテロ攻撃の可能性も有る。

 

・日本国民でもチュチェ思想にかぶれた左派も金正恩に呼応するだろう。

 

上げれば切りがないほどの困難が日本に降りかかる。

 

 



以上を考えれば簡単に韓国と今すぐ断交して敵対国になるには日本は準備不足だろう。

 

アメリカを当てにする事も一つの方策だが、日本の思う通りには行かない。

 

現実的に可能性があるとすれば保守派の反文在寅勢力を陰で応援して文在寅政権の早期崩壊に導く(CIA等に応援してもらう)。

 

保守派と言っても反日には変わりはないが韓国が西側陣営に残ってもらう事が重要。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。