Home » ミャンマー » ミャンマーは地震国
9月
05

ミャンマーは地震国

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

月31日(土)の夜ザガイン管区シュエボーの北西25kmの地点を震源とするマグニチュード6の地震が発生した。

 

この地震による死傷者は無かったが、宗教施設や学校に被害だ出た。

 

 

ミャンマーではマグニチュード7以上の大規模地震が1900~2002年までに6度発生している。

 

1912年5月の地震はマグニチュード8で最大でした。

 

ミャンマーには南北方向に何本もの断層がが有る。

 

ミャンマー中部では東西100km移動すれば断層に当たる。

 

つまり日本と同じくらい地震国ですが、地震対策はほぼゼロに近い。

 

中高層の古い建物はマグニチュード7の地震でほぼ全壊する。

 

幸ヤンゴンには断層は無いが、断層南端部で地震が発生すれば相当の被害が予想される。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

今回の震源地



断層図
赤線:断層
黒破線:予測断層

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。