Home » ミャンマー » ミャンマー 米の輸出が急減、中国を相手の商売はリスクが高い 
9月
06

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へミャンマー米連盟(MRF)が発表した数字によると、ミャンマーの国境貿易(対中国)のコメの輸出は、今年度には大幅に急減し、全体の輸出量が減少した。

2018101日から2019816日までに、対中国輸出は推定17,970万米ドル、その他の国の海上貿易44,379万米ドル、総数量は役206万t。

 

現在、米は中国製品と引き換えに、政府間(G2G)協定と物々交換システムの下で中国に輸出されている。

 

ミャンマーの米は60ヶ国以上に輸出していますが、中国が最大の買い手。

 

昨年の米年度では360万t輸出したが今年は210万tと40%以上減少しそうだ。

 

中国との商売は人口が多いだけに契約がまとまれば数量が大きくビジネスとしては魅力的だが、

 

中共政府の一声で輸入禁止や数量減になり大きなリスクが伴う。

 

米輸出も中国に頼らずに60か国に3万tずつ余分に輸入してもらう努力をした方良いのではなかろうか。

 

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。