Home » ミャンマー » 困ったものです、最高学府学長の不祥事
9月
08

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ教育省は金曜日、マンダレー大学の学長であるティダ・ウィン博士を、大学内の新しい食堂設置について調査する特別委員会を設立したと述べました。

 

この問題は大学内に新しい食堂を作る事業を入札しないで学長に近い知人のオリエンタルハウスに随意契約をした。

 

法律によるとこの様な案件は国営新聞に入札情報を2回以上掲載しなければならない。

 

また、学長は学生自治会が同意したと偽の署名を使用して書類を作成した。

 

学生側は確かに食堂は必要だが法に違反し権威の乱用は看過できないと言っている。

 

 



教育者が金まみれではそこで学ぶ学生も教師の背中を見て卒業後は賄賂漬けになる事は請け合いだ。

 

先生や学校、地域の教育委員会から教育省まで教育会が黒い金で回っているとは情けない。

 

マンダレー大学の女学長も金で現在の地位を得たと疑われても仕方がないだろう。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。