Home » ミャンマー » ミャンマーへの外国投資は目標の70% MIC発表
9月
12

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

ミャンマー投資委員会(MIC)のディレクターであるウ・タンシンルウィン氏によると、ミャンマーは201819会計年度の外国投資目標を下回930日に終了する現会計年度に41億米ドル(6.29兆チャット)の外投資しかないだろうと述べた

 

目標額の58億㌦には達成せず、達成率は70%程度で終わる。

 

日本が支援するティラワ経済特区は、今年度、22,368万米ドルの外国投資があった。

 

昨年は半期の変則会計年度であったが20億㌦外国投資が有った。

 

政府の経済政策のまずさから外国投資が目標達成しない事を政権幹部は大いに反省して頂きたい。

 

政府の政策を見ていると省庁間あるいは地方と中央政府の連携が必ずしも上手く行っておらず、

 

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるように見える。

 

ミャンマーの経済発展は外国からの投資によって左右され、これが国内景気に影響している、現在の街角景気の状況はかなり悪く8月のインフレ率は9%を上回った。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

テラワSEZ

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。