Home » ミャンマー » 副大統領は警察に賄賂を拒否するよう促す
10月
04

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

 

U Myint Swe副大統領は火曜日警察の日を祝う会のスピーチ、警察の腐敗を取り除き、国民の保護者としての義務を果たすための規則と倫理を守るよう求めました。

 

警察長官のアウン・ウィン・ウーは、全警察官が規則に従うことを保証すると誓った。

 

「私たちは自分の立場と権威を決して活用してはならない」と彼は言い、上級管理者は賄賂の誘惑を避けるべきだと付け加えた。

 

U Myint Swe副大統領は、警察を支援するよう国民に呼びかけました。「国民が警察に協力することで多くの犯罪を防止することが出来る」と彼は述べました。

 

副大統領がスピーチで腐敗防止を訴えるのはそれだけ警察内部が腐敗しているとの事だろう。

 

イギリス植民地時代のな残りか公務員にチップを差し出す人は少なくない。このチップが賄賂の習慣付けになっているのだろう。

 

市民も公務員の賄賂は悪だと言いながら、役所の窓口等ではチップと賄賂のグレーゾーンの間で金品を渡す。

 

この習慣が無くならなければ賄賂も無くならないだろう。

 


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。