Home » ミャンマー » 生産者米価最低価格決定 ミャンマー政府
10月
19

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

15日政府は農民の権利と利益の促進に関する主要委員会が会合を開き、

 

籾の最低価格は100バスケットにつき500,000ks(約2.09トンで327.30米ドル)に決定した。

 

ただしこの価格は品質基準に満たした籾で、低品質のシントゥカ米は450000ks

 

「最低価格の設定を歓迎しますが、コストを考えると、500,000チャットは良い価格ではありません」とエーヤワディ地域の農民組合会長U Myo Chitは述べました。

 

「それでも農家に安心感をあたえます。価格が500,000チャットを下回た場合に政府が直に購入することが重要です」とも付け加えた。

 

U Lu Maw Myint Maungミャンマー米連盟書記長は「しかし、管区および州政府は、米のこの調達、倉庫保管および管理を行う準備がまだ整っていないため、連盟が支援する」と述べました。

 

2018年度ミャンマーのコメ輸出は358tで、その半数が中国向けでしたが、2019年度は中国向けが100t減りコメ価格が下がった。

 

取引量が大きいからと言って中国に頼りすぎると中共政府のさじ加減で輸出は一瞬で止まる、

 

この様な危険な取引は極力避けるため輸出先を開拓するのが政府の仕事ではなかろうか。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

田植え作業

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。