Home » ミャンマー » 2020年の選挙では現国会議員の半数以上を公認しない NLD
10月
30

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

NLDは、2020年の選挙で現職議員の半数以上に後任を与えない、と党報道官のMonywa Aung Shin氏は語った。

 

このことは現職議員の半数以上が国会議員の資格が無いとNLDが認めたことになる。

 

2015年当時の候補者の履歴書を見て驚いたことに、高校を卒業していない人が90人以上いたことだ、

 

卒業資格でその人の能力を決める訳ではないが、高校ぐらいは卒業していないと法律も作れないのではと心配していたが、その危惧は見事的中してしまった。

 

2020年にはどの様な人材を選ぶのか定かではないが、NLDの人材不足は2015年当時と変わりがないのではと思う。

 

被選挙権はミャンマーに連続10年以上の居住条件が有り、海外からの帰国組の優秀な人材が殆ど立候補できないのは国自体の大きな損失になっている。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ミャンマー国会

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。