Home » ミャンマー » 所有者が不明あるいは係争中のアパートの部屋は一時的にYCDCの所有物に
11月
01

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、ヤンゴンで496戸のマンションの一時的な所有権を取得し、政府の職員に238戸を貸し出しています。

 

アパートの合法的な所有者が分らない、紛争中の場合はYCDCが所有権を取得します。

 

その間、YCDCは公務員にアパートを賃貸することができますが、敷地内での商業活動は許可​​しません。

 

正当な所有権者が分かれば、YCDCはアパートを実際の所有者に引き渡します。 

 

アパートの貸し出し価格は1平方フィート当り24ks~40ks(1部屋15000ks25000ks)と市場価格の1/10程度と格安。

 

日本では考えられない処置ですが法的根拠は何なんだろう?

 

まさか、首相の独断判断ではないと思うが・・・

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。