Home » ミャンマー » 期待することは一向にかまわないが、受け入れ準備はできているのか?
11月
14

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

ミャンマーは、米国の関税を回避するために中国から生産を移転しようとする製造業者がベトナムで生産能力の限界なので、より多くの外国投資を呼び込むと予想しています。

 

「移転に関しては、ベトナムが望ましいかもしれないが、すでに飽和状態なので投資家はインドネシアとミャンマーに注目しています」と国際協力省の常務秘書、アウン・ナイン・ウーは語った。

 

これらの多くは中国企業であるが「彼らは責任ある企業であることを証明しなければならない」とアウン・ナイン・ウーは金曜日のインタビューで述べている。

 

期待するのは良いが受け入れ態勢はどうなっているのだろうか?

 

電力、輸送インフラ、高度人材、どれを見ても満足する状況ではない、とくに電力は致命的で業種によっては停電による製品ロスが労働単価の安さを簡単にオーバーする。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。