Home » ミャンマー » コミュニティベースの観光(CBT) これぞミャンマーにピッタリ
11月
19

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

コミュニティベースの観光(CBT)は、地元住民が観光客を招いて、一晩滞在することでコミュニティを訪問する観光です。

 

地元住民は、土地管理者、起業家、サービスおよび生産業者等が従業員として収入を得ています。

 

地域社会と観光客の両方にとって、コミュニティベースの観光には多くの利点があります。エコツーリズムとコミュニティベースの観光は、密接に関連しています。

 

観光活動は、地域社会の生活様式や伝統を損なってはなりません。そして安全性はCBT旅行者にとって最も重要事項です。

 

「コミュニティベースの観光は、2014年にアクションウェイミャンマーによってマグウェイ地域のMyaingタウンシップで最初に開始されました。マンダレー地域のMeiktilaタウンシップのパイロットCBT村には観光客が押し寄せました。

 

これぞミャンマー観光振興に一番適した観光資源開発だと思うので、今後は地域を広げて積極的にCBTを広げるべきではなかろうか。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

CBTの観光客

この様な風景も観光資源

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。