Home » 勝手に評論 » 海外から見ていると日本の国会が恥ずかしい
11月
20

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミャンマー歳時記はミャンマー国内のニュースを見て興味のあるニュース発信している。

日本のニュースはミャンマーに居てもネットで拾える。

日本の最近の政治状況、特に国会は何なのだろうか。

屁にもならない事象を取り上げる野党が本来国会で審議すべき火急な事案を審議妨害している。

第一野党の支持率が6%未満もうなずける。

中国の人権問題(香港、ウイグル等)や軍拡、朝鮮半島赤化の対応策、消費税増後の景気対策や少子化対策等々審議する事項は山ほどある。

特に憲法改正は野党のサボタージュで憲法審査会の審議もままならない状態。

日本の周囲は風雲急を告げる状況で、自衛隊を本当に働ける法整備も火急速やかに解決しなければ周辺国の侵略は止まらないだろう。

ここまで来たのであれば与党は丁寧な国会運営など悠長なこと言っていないで粛々と国会運営をして頂きたい。

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします


Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。