Home » ミャンマー » シャン州東部でケシ畑壊滅作戦
11月
30

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

 

1028日から1123日までに警察と地元の人々の共同でシャン州東部PinlaungおよびPekonタウンシップの複数村のケシ畑を見つけ破壊したと、

 

薬物乱用防止中央委員会(CCDAC)は26日月曜日に述べた。

 

統計によると、ケシは2018年にミャンマーで37,300ヘクタールの土地で栽培され、520トンが生産されました.2017年は41,000ヘクタールで栽培された550トンが生産された。

 

一方28日にはMDMAの原料になるとみられる管理化学物質10tを押収した。

 

同日、シャン州ホポン郡のホポン・ロイレム道路で麻薬対策部隊がオートバイから生アヘン3.9 kgを押収した。

 

ミャンマー国内でも10年前に比べ麻薬常習者が増えている気がする。

 

日本と同じく芸能人の常習者も時々捕まる。

 

経済的に優位な転換作物でも有ればケシ栽培を止めさせる事は出来るだろうが、

 

流通シンジゲートが儲けのほんの少し栽培者に回せば一時優位な転換作物も優位性を失いケシ栽培が復活してしまう。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ケシ畑

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。