Home » ミャンマー » ミャンマー産コーヒー豆、今年は1000tの輸出を計画
1月
07

ミャンマーコーヒー協会によると、今年のミャンマーコーヒー生産量は2,0002,500トンに達する可能性が高く、約1,000トンが海外市場に出荷されると予想されています。


「ミャンマーは主にアラビカコーヒーを生産しています。スペシャルティコーヒーは、1トンあたり4,50010,000米ドルです。ミャンマーの特製コーヒー豆は、その高品質とオーガニック生産のために非常に需要があります。良好な採算管理を維持できなければ、コーヒーの価格は高くなりません」とU Myo Aye氏は述べています。

 

ミャンマーのコーヒーは、USAIDWinRock International NGOの支援を受けて、米国で市場シェアを獲得しています。日本、韓国、カナダの市場開拓に努力がなされています。

 

ミャンマーには、40,000エーカーの高地コーヒー農園と約10,000エーカーの低地コーヒー農園があり、合計50,000エーカーです。シャン州はコーヒー豆の主要生地です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。