Home » ミャンマー » 西ミャンマーのチン州に最初の空港がオープン間近
1月
12

 

チン州のサライ・リアン・ルアイ首相によると、ミャンマー西部のチン州で最初の空港が、6月に運用を開始する予定です。

 

空港は、町の中心部から約13 kmのファラムタウンシップにある522ヘクタールの敷地に建設されています。

 

Chin州政府によると、ART-72旅客機の離陸および着陸を処理するために設計された、長さ1,830メートル、幅30メートルの滑走路があります。

 

このプロジェクトは2013年に発表され、2015年に建設費370ksの予算で開始されました。チン州政府によると、空港は標高1,830 mSurbung山地にあります。

 

離着陸には雨季には雲と霧に注意する必要があります。乾季は焼畑農業からの煙に注意する必要があるのでレーダー誘導機器を購入しなければなりませんが予算不足で開港が遅れていますと、サライ・リアン・ルアイ首相は語っています。

 

この空港の開港により観光客は劇的に増えると期待されています。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

工事中の空港

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。