Home » ミャンマー » ミャンマー国境で高熱者2名を発見
1月
29

 

保健スポーツ省は115日より国境ゲートで旅行者のスクリーニングを開始しました。

 

保健スポーツ省によると、27日(月曜日)にシャン州北部の中国国境のムセ検問所で、高熱のミャンマー人2人が保護された。

 

この二人はムセ総合病院で監視下に置かれている。

 

「この男性はインフルエンザにかかっており、外来で治療を受けました。女性の体温は摂氏38度を超えています。彼らがコロナウイルスに感染しているかどうか現在テストを行っています」と保健スポーツ省の担当者は語った。

 

保健スポーツ省によると全ての国境ゲートは旅行者のスクリーニングを実施していると述べた。

 

マンダレーの主要な観光地の1つであるマハガンダヨン修道院は、中国人の訪問者を禁止しています。


主に中国の宝石商や貿易業者に依存しているヒスイ市場も閑散としている。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。