Home » ミャンマー » FATFはミャンマーをマネーロンダリング監視リストに
2月
23

 

政府間金融監視グループは、ミャンマーが犯罪を抑制しようとする取り組みが依然として希薄なため、ミャンマーをマネーロンダリングの「グレーリスト」に記載した。

 

ミャンマーの他に、金融行動タスクフォース(FATF)はグレーリストに載った他の国は、アルバニア、バルバドス、ジャマイカ、モーリシャス、ニカラグア、ウガンダです。

 

ミャンマーは、アジアにおけるアヘンおよび合成医薬品の生産の中心地であり、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、違法取引が毎年数十億ドルの取引が有ると推定している。

 

薬物の他、違法な地下資源の採掘と違法な伐採も国の大きな問題です。

 

アヘン生産の減少にもかかわらず、組織犯罪は依然として貿易からかなりの収入を得ており、

 

国連犯罪防止監視グループは、国際犯罪グループが国境地域の紛争を利用して活動を行っていると述べた。 

 

ミャンマー政府は過去5年間、10の民族武装グループとの和平交渉を行ってきましたが、実質的な成果は達成されていません。いくつかの少数民族武装組織は、政府と和平交渉をまだ行っていない。

 

この様な膨大な利権を持つ少数民族武装勢力は簡単にこの利権を手放さず、和平はこの利権が無くなるまで成立しないのではなかろうか。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

ケシ畑

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。