Home » ミャンマー » 外国人観光客激減で国内観光客に期待するミャンマー旅行業界
3月
05

ミャンマーは武漢ウイルスの発生で外国人観光客は80%減小すると予測されている。

 

既に空港への観光客の到着が53%減少し、3月、4月、5月はフライト数が60%減少する。

 

1月、ミャンマーは204,000人を超える観光客を受け入れ、そのうち73,000人以上が中国から来ました。

 

ホテルおよび観光省のデータによると、1月の観光客数は前年同期より25%増加しました。

 

今年は順調な滑り出しだった観光産業も武漢ウイルスの為膨大な損害を受けそうです。

 

観光業界は国内観光に力を入れて外国人観光客の損失をカバーしようとしています。

 

3月から学校が休みになり、4月には長期休暇のミャンマー正月も有り、家族旅行等に期待している。

 

近年は国内旅行の伸び率も高く、確実性のある国内旅行者をターゲットにした方が業界の安定にはつながると思う、特に一時の数は多いが何時ゼロになるか分からない中国人観光客などあまり当てにしない方がよいのではなかろうか。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします





Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。