Home » ミャンマー » 水不足を緩和するアプリ
3月
10

 

ミャンマー政府の推定では、エーヤワディ地域の90の村とサガイン地域の60の村を含む、全国の116のタウンシップの463の村で水不足が発生すると予測しています。



マンダレーでは、推定7640世帯が水不足になると予測される。

 

マンダレー地域の農村開発省は、水不足地域に水の供給を促進する携帯電話アプリケーションを開発しました発表した。

 

このアプリケーションは水を寄付したい人がどの地域が水不足か分かるようになっている。

 

「このアプリを使用することで、町は水不足についてタイムリーな情報を水を寄付したい人々に伝えることができます」と政府関係者は述べました。

 

1000人程度の村人の飲み水を確保する井戸は深くても水脈のある地域ならば1井戸500010000㌦(岩盤貫通は別)の費用で掘れる。つまり2.55.1億円あれば全村の飲み水(10//日)だけは確保できる。

 

ミャンマー政府は命に関わる政策に積極的に支出すべきである。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

昨年の水不足

井戸掘り

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。