Home » ミャンマー » インド産の医薬品輸入は厳しくなる 武漢肺炎の為
3月
13

 

医薬品業界関係者によると、ミャンマー市場で販売されている医薬品の約75~80%はインドから輸入されており、現在インドの製薬会社は製造原料の不足に直面しています。インドの製薬会社の多くは原材料を中国から調達している。

 

一部の医薬品は供給不足の可能性があり、またインド政府は、国内での需要が高いため、特定の医療製品を外国への輸出を制限している、

 

ks高の為輸入価格が上昇しても販売価格は据え置きになるが、医薬品が輸入できなる事が心配だ。とYammawaddy International Co LtdMGU Lwin Hanは述べた。

 

中国武漢から発生した新型コロナウイルスがこんな所まで影響している。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。