Home » ミャンマー » 国防安全保障理事会(NDSC)開催を拒否するNLD政権
3月
27

 

国防安全保障理事会(NDSC)の召集者である連邦議会議長兼下院(国民代表院)議長 ティー・クン・ミャットは

 

武漢ウイルスの国難に対して国防安全保障理事会(NDSC)の召喚を連合連帯開発党(USDP)議員の緊急提案を拒否しました。

 

国防安全保障理事会は緊急事態の対応の為の11人のメンバーからなる。

 

この組織はミャンマーで最も強力な機関であって、全ての緊急時(例えば戒厳令が発せられたとき)の意思決定機関である。

 

NDSCのメンバーは軍関係者が6人いる為、政権としては会議で過半数を取れないため会議の召集を拒否している模様。

 

国家の一大事に政局にしないで国会議員一丸となって武漢ウイルスの国難に対処すべきではなかろうか。

 

NLD政権になり国防安全保障理事会(NDSC)は一度も開催されたことはない。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします


ティー・クン・ミャット(左)

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。