Home » ミャンマー » 中国共産党(CCP)は武漢肺炎の補償を全世界に、ミャンマーの枢機卿
4月
05

ミャンマーのカトリック教徒チャールズボー枢機卿は、中国共産党(CCP)に、世界に謝罪し、武漢肺炎のパンデミックによって引き起こされた損害を補償するよう要求しました。

 

ヤンゴンの大司教であるボー枢機卿は、この発生に対する中国の対応を非難し、2019年12月にウイルスが初めて出現したときに、コロナウイルス感染の実際の規模を隠し、ニュースを抑制し、内部告発者を黙らせたとして非難した。

 

中国の政権はすべて習近平とCCPによって主導されましたが、国民ではありませんでした。武漢肺炎の損害費用をカバーするために、最低でも他国の借金を帳消しにするべきです。この習近平とCCPを批判することを恐れてはなりません。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村拝読ありがとう御座いました。応援クリックをポチッとお願いします


ボー枢機卿

Add reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。